元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

康茂才

『明史』巻一百三十、列伝第十八

 康茂才、字を寿卿、蘄州の人。経史の大略に通じていた。よく母親に孝行した。元朝末期の戦乱で蘄州が陥落すると、義兵を結集して郷里を守った。功績を挙げ、長官より淮西宣慰司都元帥に昇進した。
 太祖(朱元璋)は既に長江を渡河したが、将兵の家族を和州に留めていた。時に康茂才は采石の守備に移っており、渡河を妨害した。太祖は兵を送ってしばしばこれを攻撃したが、康茂才は堅守した。常遇春が伏兵を用いてその精鋭を殲滅した。康茂才はまた天寧洲に砦を築いたが、再度破られ、集慶路に遁走した。太祖が集慶路を攻略すると、麾下の部曲を率いて降伏した。太祖は彼を赦し、もとの部曲を率いて従軍するよう命じた。翌年、秦淮翼水軍元帥を授かり、竜湾を鎮守した。江陰州の馬馱沙を占領し、張士誠の兵を破り、その楼船を鹵獲した。廖永安に従って池州路を攻め、樅陽を占領した。太祖は兵事によって民が農作業できないので、康茂才を都水営田使に任命し、帳前総制親兵左副指揮使を兼任させた。
 陳友諒が太平府を陥落させると、張士誠と共謀して応天府の挟撃を画策した。太祖はその侵攻を速めて、これを打ち破ろうとした。康茂才と陳友諒が知己の間柄であることが分かると、召使に書状を持たせて派遣するよう命じ、内通を偽装させた。陳友諒は非常に喜び、康茂才の所在を質問した。康茂才は答えた。「江東木橋を守っている。」使者が帰ると、太祖は橋を石造りに変えてしまった。陳友諒が到着すると、橋を見て愕然とし、「老康!」と連呼したが、答える声は無かったので、竜湾まで後退した。すると四方から伏兵が襲い掛かり、康茂才は諸将と共に猛撃を加え、大いに打ち破った。太祖は康茂才の功績を賞賛し、手厚く恩賞を賜った。翌年、太祖は陳友諒を親征し、康茂才は水軍を率いて安慶路攻略に従軍し、江州路を破り、陳友諒は西方へ遁走した。遂に蘄州・興国県・漢陽県を占領し、流れに沿って黄梅寨に勝利し、瑞昌県を奪取し、陳友諒麾下の八人の指揮使を破り、兵卒二万人を降伏させた。帳前親兵副都指揮使に遷った。左君弼を廬州路に攻めたが、占領はできなかった。南昌府救援に従軍し、彭蠡湖(鄱陽湖)に戦い、陳友諒を敗死させ、武昌路遠征に従軍し、その全てに功績を挙げた。金吾侍衛親軍都護に昇進した。大将軍徐達に従い再び廬州路を攻めてこれを占領し、江陵県及び湖南の諸路を攻略した。神武衛指揮使に改められ、大都督府副使に昇進した。
 張士誠が江陰州を攻めると、太祖は自ら迎え撃とうとした。鎮江府に至るに及んで、張士誠は既に瓜洲を焼き払って遁走していた。康茂才は追撃して北進し浮子門に至った。呉軍は海口を遮り、潮位に乗じて肉薄した。康茂才は奮戦し、これを大いに打ち破った。淮安路の馬騾港を攻撃し、その水寨を突破し、淮安路を平定した。次いで湖州路を突破し、平江路へ迫った。張士誠は精鋭を派遣して迎え撃ち、両軍は尹山橋で激突した。康茂才は巨大な戟を持って督戦し、敵軍を覆滅させた。諸将と共にその城を包囲し、斉門に布陣した。平江路が陥落すると、軍を還して無錫州を占領した。同知大都督府事兼太子右率府使に遷った。
 洪武元年、大将軍(徐達)に従って中原を攻略し、汴梁路・洛陽県を占領、陝州に留まって守備した。絶えず軍糧を運搬し、浮橋を造って軍を渡河させ、絳州・解州といった諸州を帰順させ、潼関を抑え、秦地方の敵軍を東進させることは無かった。康茂才はよく民衆を労わったので、民衆は石碑を建立してその人徳を称えた。(洪武)三年〔一〕、再び大将軍(徐達)に従って定西州に遠征し、興元路を占領した。その帰還の途上で没した。蘄国公を追封され、武康と諡された。
 
 子の康鐸は、十歳にして皇太子の読書大本堂に入って仕え、父の功績によって蘄春侯に封じられ、食禄一千五百石とされ、世券を与えられた。民衆を監督して鳳陽を開墾した。兵を率いて辰州の蛮族を征伐し、施州・畳州といった諸州を平定した。大将軍徐達の北征に従軍した。また征南将軍傅友徳の雲南遠征に従軍し、普定路を占領し、華楚山の諸砦を破った。軍中で没した時、二十三歳であった。蘄国公を追封され、忠愍と諡された。子の康淵は幼少であったので後を継ぐことができず、散騎舎人を授かった。早くも事件に連座して衣冠を改められ山西に隠棲したので、遂に後を継ぐことはできなかった。弘治年間の末、康茂才の後裔を調査した折に世襲千戸となった。

【校勘記】
〔一〕三年、もとは「この年」となっており、これでは洪武元年を指すことになる。徐達の定西州遠征は洪武三年の出来事であるから、本書巻二、太祖本紀・巻百二十五、徐達伝・巻百二十六、李文忠伝及び『太祖実録』巻五十五、洪武三年八月己未条に基づいて改めた。
[PR]
by su_shan | 2016-07-25 01:13 | 『明史』列伝第十八