元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

丁徳興

『明史』巻一百三十、列伝第十八

 丁徳興、定遠県の人。濠州に於いて太祖(朱元璋)に帰順した。その容貌が立派であったことから、「黒丁」と呼ばれた。洪山寨攻略に従軍し、百騎を率いて賊数千人を破り、その悉くを降伏させた。滁州・和州攻略に従軍し、青山の盗賊を破った。長江渡河に従い、采石を突破し、太平路を占領し、兵を分けて溧水州・溧陽州を攻略し、その全てで最初に城壁を登った。蛮子海牙(マンジハイヤ)の水寨を破るのに従い、方山営を突き、陳兆先を捕らえ、集慶路を降伏させ、鎮江路を攻略し、功績を評価され管軍総管に昇進した。金壇県・広徳路・寧国路を降伏させ、左翼元帥に抜擢された。寧国路が叛くと、胡大海に従って奪還した。兵を分けて江陰州を降伏させ、徽州路・石埭県・樅陽を攻略し、江州路を攻め、兵を移して安慶路を撃ち、向かう所全てに勝利した。また江陰州を救援し、江西近隣の州県を攻略し、双刀趙を攻め、その鋭鋒を挫いた。時に徐達・邵栄が宜興州を攻めたが長らく占領できなかったので、太祖は使者を派遣して言った。「宜興州城の太湖口に通じる経路の西方に位置し、それが張士誠の糧道となっているので、その経路を断てば必ず破れよう。」徐達は丁徳興を派遣して太湖口を封鎖し、次いで合流して急襲し、城は遂に陥落し、功績を評価されて鳳翔衛指揮使を授かった。
 陳友諒が竜江に侵入すると、丁徳興は石灰山に布陣し、奮戦してこれを撃退した。陳友諒征伐に従軍し、安慶路を突き、九江を占領し、安豊路を救援し、呂珍を破り、左君弼を敗走させた。鄱陽湖の戦いに従軍し、武昌路を平定し、廬州路を占領し、湖南衡州路の諸郡を攻略した。また大将軍(徐達)に従い淮東を手中に収め、浙西に遠征し、旧館の戦いで張士誠を破り、湖州路を降伏させ、平江路を包囲した。その軍中で没し、都指揮使を贈られた。洪武元年に済国公を追封され、功臣廟に列祀された。子の丁忠は竜江衛指揮使として世券を与えられた。
[PR]
by su_shan | 2016-07-25 21:24 | 『明史』列伝第十八