元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

華雲竜

『明史』巻一百三十、列伝第十八

 華雲竜、定遠県の人。手勢を集めて韭山に篭っていたが、太祖(朱元璋)の挙兵に際して帰順した。滁州・和州攻略に従軍し、千夫長となった。長江渡河に従い、采石の水寨及び方山営を破り、集慶路を占領し、元朝の将帥を捕らえ、兵卒一万人を得た。鎮江路に勝利し、総管に遷った。広徳路を突破し、旧館に戦い、湯元帥を捕らえ、右副元帥に進んだ。竜江の戦いでは、華雲竜は石灰山に潜み、肉薄して相当数を殺傷した。華雲竜は馬を躍らせて大声で叫び、その中堅を突き、遂に陳友諒の兵を打ち破り、勝利に乗じて太平府を奪還した。九江・南昌路攻略に従軍し、兵を分けて瑞州路・臨江路・吉安路を占領した。安豊路救援に従軍し、彭蠡に戦い、武昌路を平定した。功績を評価されて豹韜衛指揮使に昇進した。徐達に従って兵を率いて高郵府を占領し、淮安路に勝利し、命を受けて当地を鎮守し、淮安衛指揮使に改められた。次いで嘉興路を攻め、呉の部将宋興を降伏させ、平江路を包囲し、胥門に布陣した。大軍の北伐に従い、山東の郡県を従え、徐達と通州に軍を会し、進撃して大都を占領した。大都督府都督僉事に抜擢され、六衛の兵を統率して鎮守すると共に北平行中書省参知政事を兼任した。年を越えて、雲州を攻略し、平章政事火児忽答(コルクタ)・右丞哈海(ハハイ)を捕らえ、都督同知に昇進し、燕王府左相を兼任した。
 洪武三年の冬、功績を評価されて淮安侯に封じられ、食禄一千五百石とされ、世券を与えられた。華雲竜の報告には次の様にある。「北平府の辺境にあっては、東方は永平府・薊州から西方は灰嶺の麓に至るまで、狭隘の地は一百二十一ヶ所、二千二百里にわたって続いております。また王平口から官座嶺に至るまで、狭隘の地は九ヶ所、五百余里にわたって続いております。いずれも要衝でありますから、兵を置かなくてはなりません。紫荊関及び蘆花山の嶺は最大の要害でありますから、守御千戸所を設けなくてはなりません。」また次の様にも言った。「先に大軍を以て永平府に勝利しましたが、元々元朝の八翼であった兵卒千六百人を留めて屯田を行わせ、一人一月あたり食料五斗を支給しておりますが、収穫によって経費を賄っておりませんので、燕山諸衛に組み入れ、隊伍を補充して操練しなくてはなりません。」いずれの提案も採用された。辺境に沿って雲州に到達し、牙頭に宿営していた元朝の平章政事僧家奴を襲撃し、その幕舎に突入してこれを捕らえ、その集団の悉くを捕虜とした。上都の大石崖に到達し、劉学士の諸寨を占領し、驢児国公は沙漠の北方へと奔走した。これより後に長城以南を荒らす者はおらず、その名声は大いに高まった。燕邸の造営、北平城の築造も全て華雲竜の計画によるものである。
 洪武七年、華雲竜が元朝の丞相であった脱脱(トクト)の邸宅に居座り、元朝の宮中にあった遺物を私用しているとの訴えがあった。華雲竜は召還され、何文輝が代行を務めた。華雲竜は京師に到着することなく、その道中で没した。子の華中が跡を継いだ。李文忠の死に際して、華中が侍従して薬を勧めていたことから、連座して死罪となった。(洪武)二十三年に華中は胡惟庸の徒党であると追認され、爵位を剥奪された。
[PR]
by su_shan | 2016-07-28 14:41 | 『明史』列伝第十八