元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

韓政

『明史』巻一百三十、列伝第十八

 韓政、睢州の人。一時は元朝の義兵元帥であったが、軍を率いて太祖(朱元璋)に帰順し、江淮行中書省平章政事を授かった。李済が濠州を占拠すると、名目上は張士誠の為に当地を鎮守したが、その実は形勢を窺っていた。太祖は右相国李善長に書状を用いて李済に帰順を呼び掛けさせたが、返答は無かった。太祖は悲嘆して言った。「濠州は我が家であるのに、李済があのように居座っておっては、我は国を得て家を失う様なもの、これで良いはずがあろうか!」そこで韓政に命じて指揮使顧時を率い雲梯・石弾を用いて四方より濠州を攻撃させた。李済は支えることができず、開城して投降した。韓政は李済を応天府へ護送した。太祖は非常に喜び、顧時を濠州鎮守とした。
 韓政は徐達に従って安豊路を攻め、その四門を封鎖し、密かに城東の竜尾壩より坑道を掘り、城に潜入すること二十余丈。城壁は崩壊し、遂に安豊路は打ち破られた。元朝の将帥の忻都(ヒンドゥ)・竹貞・左君弼はみな敗走した。追撃すること四十余里、忻都を捕らえた。俄かに竹貞〔一〕が兵を引き連れて増援に現れたので、南門付近で戦闘になり、これを再び破って敗走させた。淮東・淮西は悉く平定された。大軍に従って呉の地を平定すると、また北伐に従軍し、梁城守将の盧斌を降伏させ、兵を分けて黄河を抑え、山東の援軍を断ち、遂に益都路・済寧路・済南路を占領し、その全てに功績を挙げた。東平路での勝利に際しては最も功績が高く、山東行中書省平章政事に改められた。軍を率いて臨清県にて大将軍(徐達)と合流すると、韓政に檄を送って東昌路を鎮守させた。大都が陥落すると、韓政に命じて兵を分け広平路を鎮守させた。韓政は白土諸寨を帰順させた。彰徳路の鎮守に移り、蟻尖寨を降伏させた。蟻尖寨とは、林慮県の北西二十里にあり、元朝の右丞呉庸・王居義・小鎖児が占拠する所であった。大将軍(徐達)の北伐に際しては、将兵を派遣して諸山寨を奪回させたので、相次いで降伏する者が現れたが、蟻尖寨はただ天険を頼みとして投降しなかった。ここに至って兵が迫ると、呉庸は王居義及び小鎖児を誘い出し殺害して投降、兵卒一万余人を得た。次いで陝西遠征に任用され、軍を帰還させた後は河北を鎮守した。
 洪武三年に東平侯に封じられ、食禄千五百石とされ、世券を与えられた。山東の鎮守に移った。程無くして、再び河北に移った。流民を寄せ集め、彼らを元の生業に復帰させた。左副将軍李文忠に従って応昌を突き、臚朐河(ケルレン河)に到達した。李文忠は長駆進軍し、韓政に命じて輜重を守らせた。帰還すると、河南・陝西の巡視を命じられた。再び信国公湯和に従い臨清県にて練兵を実施した。(洪武)十一年二月に没し、洪武帝(朱元璋)は自らその喪に臨んだ。鄆国公を追封され、子の韓勲が跡を継いだ。(洪武)二十六年に藍玉の徒党に連座して誅殺され、爵位を剥奪された。

【校勘記】
〔一〕竹貞、「竹昌」とすべきであり、巻百二十五の校勘記〔一〕を参照されたい。『太祖実録』丙午四月辛未条は、徐達は安豊路を破り、「竹昌・左君弼はみな汴梁へ敗走した。日没の頃、元朝の平章政事竹貞が兵を引き連れて増援に現れたので、韓政らは再び南門の外に戦い、これを大いに破ったので、竹貞は遁走した。」としており、安豊路を鎮守していたのは竹昌で、増援に現れたのが竹貞であるから、本伝は誤って同一人としている。
[PR]
by su_shan | 2016-07-28 23:06 | 『明史』列伝第十八