元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

張竜

『明史』巻一百三十、列伝第十八

 張竜、濠州の人。長江渡河に従い、常州路・寧国路・婺州路の平定に功績を挙げた。江州路遠征に従軍した際は都先鋒を拝命した。武昌路を平定すると、花槍所千戸を授かった。淮東遠征に従軍し、海安を鎮守し、張士誠の部将と湾内に戦い、彭元帥を捕らえ、その兵卒数百人を捕虜にした。通州に進攻し、賊将を斬殺し、威武衛指揮僉事に抜擢された。山東・河南平定に従軍した。大軍を発して潼関に勝利すると、張竜を副留守に任命した。
 洪武三年に鳳翔府鎮守に派遣され、鳳翔衛指揮使に改められた。賀宗哲が全軍を率いて城を包囲したが、張竜は堅守した。賀宗哲は北門を攻撃したので、張竜は出撃して肉薄戦を敢行し、右脇に矢傷を受けたが、動じなかった。遂にこれを打ち破り、進撃して鳳州に勝利し、李参政らに二十数人を捕らえた。大将軍(徐達)が沔州に進攻すると、張竜に一軍を与えて派遣し、鳳翔府より連雲桟に向かい、興元路を攻撃し、その守将劉思忠を降伏させた。蜀(明昇)の部将呉友仁が侵攻すると、張竜はこれを迎撃して退けた。呉友仁はまた全軍を繰り出して城に迫り、攻城兵器を配備した。張竜は北門より突出して呉友仁の背後に回った為、敵軍は武器を捨てて敗走し、これ以降は再び興元路を窺うことは無かった。召還されて大都督府都督僉事となった。
 (洪武)十一年に李文忠を補佐して西番の洮州に遠征した。功績を評価され、鳳翔侯に封じられ、食禄二千石とされ、世襲指揮使となった。また傅友徳の雲南遠征に従軍し、七星関を鎮め、大理・鶴慶を破り、複数の洞蛮を平定し、五百石を加増され、世券を与えられた。(洪武)二十年に馮勝に従って金山に遠征し、納哈出(ナガチュ)を降伏させた。翌年、馮勝は降兵を雲南遠征に充てたが、常徳府に差し掛かったところで叛乱逃亡した。張竜は追撃して重慶府に到達し、収拾してこれを捕縛した。(洪武)二十三年の春に延安侯唐勝宗と共に平越・鎮遠・貴州に於ける屯田を監督し、竜里衛の設置を建言した。都匀の乱に際しては、藍玉を補佐してこれを討伐した。既に老齢であったことから致仕を求め、(洪武)三十年に没した。
 子の張麟は福清公主を娶り、駙馬都尉を授かった。孫の張傑は京師の公主に侍従した。永楽年間の初め、侯爵位を剥奪された。張傑の子の張嗣は、宣徳十年に恩詔による爵位継承を請願した。吏部は張竜の侯爵位を継ぐ者が四十年間なかったと主張し、承認されなかった。
[PR]
by su_shan | 2016-07-31 01:56 | 『明史』列伝第十八