元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

周武

『明史』巻一百三十、列伝第十八

 初め、呉復と同じく西番遠征の功績によって侯となった者に周武がいる。周武、開州の人。江東平定に従軍し、漢(陳友諒)を滅ぼし、淮東を手中に収め、呉(張士誠)を平定し、功績を重ねて指揮僉事となった。中原平定に従軍し、都督僉事に昇進した。洪武十一年に参将として沐英に従い西番の朶甘(ダカン)を討伐し、多くの功績を挙げた。軍が帰還すると、雄武侯に封じられ、食禄二千石とされ、世襲指揮使となり、河南軍務を北辺を巡撫した。(洪武)二十三年に没し、汝国公を贈られ、勇襄と諡された。
[PR]
by su_shan | 2016-08-01 15:06 | 『明史』列伝第十八