元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

胡海

『明史』巻一百三十、列伝第十八

 胡海、字を海洋、定遠県の人。嘗て赤塘の土豪王総管の陣営に属していたが、自ら離脱して帰順し、百戸を授かった。従軍して元朝の部将賈魯の兵を破り、泗州・滁州に勝利し、万戸に進んだ。長江渡河に従い、蛮子海牙(マンジハイヤ)の水寨を突破し、陳野先(陳エセン)の兵を破り、集慶路・鎮江路の攻略に従軍した。寧国路に於いて元朝の部将謝国璽を破り、選抜されて先鋒に充てられた。大軍を発した湖州包囲に従軍し、東南門の月城を陥落させた。宜興州攻撃に従軍し、婺州路を降伏させ、紹興路に於いて激戦を繰り広げ、敵兵四百人余りを捕らえ、都先鋒に昇進した。また竜江の戦いに従軍し、安慶路に勝利し、漢(陳友諒)兵と対峙し、八度の戦闘すべてに大勝を収め、遂に江州路に入城した。徐達に従って廬州路を攻め、すべてに功績を挙げた。
 胡海は強靭で勇ましく、戦う度に傷を作り、手足と胸腹の間に万遍なく戦傷を受けたが、闘志は増すばかりであった。胡海に付き従う兵卒でその姿に激励されない者は居なかった。太祖(朱元璋)は胡海を称え、花槍上千戸を授けた。
 また大軍に従って荊門州・澧州路・衡州路・湘潭州に勝利し、宝慶衛指揮僉事に抜擢され、指揮使に遷り、益陽県鎮守を命じられた。平章政事楊璟に従って湖南・広西の未だに降伏しない郡県を制圧した。祁陽県より進出して永州を包囲し、東郷橋に於いて守備兵と戦い、兵卒千人・万戸四人を捕らえ、夜半に先頭を切って城壁を登りこれを突破した。靖江に到達すると、南門に戦い、万戸二人を捕らえた。夜中に鼓を四度打ち、自ら北門の八角亭に先頭を切って登り、最大の功績を挙げたので、左副総兵を命じられた。左江の上思蛮を討伐した。蜀(明昇)遠征に動員され、竜伏隘・天門山及び温湯関に勝利し、世襲指揮使を与えられ、なお益陽県を鎮守した。武岡州・靖州・五開の諸苗蛮が立て続けに乱を起こすと、首魁の悉くを捕らえて処分し、その手勢を慰撫し、都督僉事に遷った。
 (洪武)十四年に雲南遠征に従軍し、永寧より烏撒を突き、進出して可渡河に勝利した。副将軍沐英と共に軍を合流させて大理を攻撃したが、敵は全軍を上関・下関に投入して牽制した。定遠侯王弼は洱水より東進して上関を突き、沐英の率いる大軍は下関を突き、胡海を派遣して夜中に鼓を四度打って石門を奪取させた。間道より渡河し、点蒼山を巡った後、大木をよじ登り崖に沿って上へ向かい、幟旗を立てた。沐英の兵卒がこれを眺め見ると、みな勇躍して大声で叫んだので、敵兵は驚愕して取り乱した。沐英は遂に関を破って突入し、胡海もまた山上の軍に攻め下るよう指示を発したので、前後より挟撃されて全ての敵が潰走した。
 (洪武)十七年に功績を評価されて東川侯に封じられ、食禄二千五百石とされ、世券を与えられた。
 三年後、左参将として金山遠征に従軍した。また二年後、征南将軍として澧州の九渓諸蛮の乱を討伐した。軍が帰還すると、郷里への引退を願い出た為、手厚く金帛を賜い認められた。(洪武)二十四年七月、腫瘍のために没した。六十三歳であった。
 長男の胡斌は竜虎衛指揮使となり、雲南遠征に従軍した。曲靖を通過した時、突然敵襲に遭い、流れ矢に当たって死亡した。都督同知を贈られた。次男の胡玉は藍玉の徒党に連座して処刑された。三男の胡観は南康公主を娶り、駙馬都尉となったが、跡を継ぐことなく没した。宣徳年間、南康公主が子の胡忠に跡を継がせるよう請願した。詔が下りて孝陵衛指揮僉事を授かり、世襲を許された。
[PR]
by su_shan | 2016-08-01 21:18 | 『明史』列伝第十八