元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

張赫

『明史』巻一百三十、列伝第十八

 張赫、臨淮県の人。江淮の地が戦乱に曝された為、義兵をまとめて郷里を守った。嘉山の繆把頭が招聘したが、応じなかった。太祖(朱元璋)の挙兵を聞くと、手勢を率いて帰順した。千戸を授かり、功績を挙げて万戸に昇進した。長江渡河に従い、あらゆる征討に従事したことで、功績によって常春翼元帥に抜擢され、常州府を鎮守した。次いで鄱陽湖の戦いに従軍し、武昌路を攻撃した。また大将軍(徐達)に従って張士誠を討伐し、進攻して平江路を包囲した。諸将は門毎に担当を分けて布陣し、張赫は閶門に布陣した。張士誠はしばしば兵を繰り出して突撃させたが、その都度に鋭鋒を挫かれた。また大軍を発した慶元路攻略に従軍し、併せて温州・台州を降伏させた。
 洪武元年、福州衛都指揮副使に抜擢され、本衛指揮同知に昇進し、また署都指揮使司事を拝命した。この当時、沿海の群島には倭寇が出没し、間隙に乗じて岸伝いに掠奪を働いたので、沿海地域の民衆は苦しんでいた。洪武帝(朱元璋)はしばしば日本国王に対して使者を派遣して詔書を送り取り締まりを求めたが、また何度も日本の朝貢を拒絶したので、遂に倭人について解決することができなかった。張赫は海上で長い経験を積んでいたので、倭人を捕らえる他に策は無いと考えた。最終的に倭寇を追討して琉球近海に至り、交戦し、その首魁十八人を捕らえ、数十人を斬首し、倭船十数隻を鹵獲し、数え切れない程の弓や刀などの武具を接収した。洪武帝は張赫の功績を称え、都指揮使の印章を掌握するよう命じた。次いで興化衛に異動した。召還され、大都督府都督僉事に抜擢された。たまたま遼東への輸送が上手くいかず、軍糧の補給が間に合わないということがあり、洪武帝は非常に懸念していた。張赫は海路に習熟していたので、海上輸送の監督を命じられた。
 しばらくして航海侯に封じられ、世券を与えられた。これに前後して遼東に往来すること十二年、およそ十回の輸送を監督し、その間は徹底的に職務に精励したので、軍はこれに頼り物資が欠乏することは無かった。病没すると、恩国公に追封され、荘簡と諡された。
 子の張栄は、雲南遠征で功績を挙げ、水軍右衛指揮使となった。孫の張鑑は、福建都指揮使となった。永楽年間、交阯に留まり鎮守した。
[PR]
by su_shan | 2016-08-02 12:42 | 『明史』列伝第十八