元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

列伝第十九 目次

顧時 呉禎 薛顕 郭興 陳徳 王志 梅思祖

金朝興 唐勝宗 陸仲亨 費聚 陸聚 鄭遇春

黄彬 葉昇

 論賛、諸将は創成の時期にあっては、天命を仰ぎ見て、心を明主に委ね、戦争に勝利して獲得し、殊勲を掴み取るが、すべて一時の智勇である。天下が落ち着きを取り戻すに及んで、名を党籍に連ねれば、ある者は批判され、ある者は連座し、自身を全うすることが出来た者は少ない。圭裳の錫は本より功績に報いるに充分でありながら、砺帯の盟は世代を超えることは出来ず、また嘆かわしいことである。
[PR]
by su_shan | 2016-08-08 00:21 | 『明史』列伝第十九