元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

顧時

『明史』巻一百三十一、列伝第十九

 顧時、字を時挙、濠州の人。才気は衆人より優れ奇策を好んだ。太祖(朱元璋)の長江渡河に従い、百夫長より功績を重ねて元帥を授かった。安慶路・南昌路・廬州路・泰州を攻略し、天策衛指揮同知に抜擢された。李済が濠州を占拠すると、顧時は平章政事韓政に従って討伐しこれを降伏させた。張士誠の昇山寨を攻撃したところ、小船を引いて敵船を焼き払おうとしたが、多くの敵兵が船上から見下ろして笑っていた。顧時はその怠慢に乗じ、精兵数人を連れて大声で叫びながら敵船に躍り込んだ。敵兵は大混乱に陥り、後続の船も競う様に前進した。五太子(※1)が救援に現れたが、薛顕がこれを破り、五太子らは降伏した。遂に大将軍(徐達)に従って呉の地を平定し、転進して山東を攻略した。
 洪武元年に大都督府副使兼同知率府事を拝命した。大将軍(徐達)に従って黄河の両岸を制圧し、水門を浚って水軍を通過させ、臨清県から通州に到達した。元朝の都を陥落させると、諸将と共に古北口などの要地を分担して警備した。大軍に従って平陽を奪取し、崞州に勝利し、逃将の王信ら四十六人を捕獲した。蘭州を奪取し、慶陽府を包囲した。張良臣が城下で軍容を誇示していたが、攻撃して打ち破り、その猛将九人を捕らえた。張良臣は二度と出撃しなかった。慶陽府は平定された。徐達が京師に帰還すると、顧時に騎兵を率いて静寧州を攻略するよう命じ、賀宗哲を敗走させた。西方の辺境は悉く平定された。(洪武)三年に大都督府都督同知に昇進し、済寧侯に封じられ、食禄千五百石とされ、世券を与えられた。
 (洪武)四年に左副将軍となり、傅友徳を補佐して河南・陝西の歩騎軍を率いて蜀(明昇)を討伐した。興元より進軍して階州・文州に勝利し、漢州〔一〕の戦いで蜀軍を破り、遂に成都路に勝利した。翌年に李文忠を補佐して北征し、複数の経路より沙漠に侵攻した。迷走して経路を見失い、軍糧は悉く消耗し、敵と遭遇したが、兵卒は疲弊して交戦できなかった。顧時は麾下の数百人を率いて、馬を躍らせて突撃した。敵軍が撤退すると、その輜重と軍糧家畜を鹵獲して帰還したので、軍の士気は大いに高まった。(洪武)六年に徐達に従い北平府に鎮守した。年を越えて、召還された。(洪武)八年に再び鎮守に出向いた。(洪武)十二年に没した時、四十六歳であった。鍾山に埋葬された。滕国公に追封され、襄靖と諡され、功臣廟に祀られた。
 顧時は寡兵を用いて大軍を突くことを得意としたが、よく自重して功績を誇らなかった。洪武帝(朱元璋)は彼を非常に重用した。子の顧敬は金吾衛鎮撫となり、(洪武)十五年に侯爵位を継ぎ、左副将軍となり、竜泉山の賊の討伐に功績を立てた。(洪武)二十三年に胡惟庸の徒党を追及し、諸臣を並べ立てた際に、顧時が筆頭とされた為に、顧敬は連座して処刑され、爵位を剥奪された。

【注釈】
(※1)五太子、『太祖実録』巻二十一、丙午九月戊寅条によると「五太子は、張士誠の養子である。元の姓は梁氏といい、身長は低いが精悍であり、地面から一丈余り跳び上がることができ、また潜水を得意とした。」とある。

【校勘記】
〔一〕漢州、もとは「漢川」となっており、同巻陳徳伝及び『明史稿』伝十六、顧時伝に基づいて改めた。漢川は湖北にあり、「蜀討伐」と矛盾する。漢州が成都府に属していることは、本書巻四十三、地理志によって分かるので、漢州が正しいのである。以下同じ。
[PR]
by su_shan | 2016-08-03 17:30 | 『明史』列伝第十九