元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

呉禎

『明史』巻一百三十一、列伝第十九
 
 呉禎、江国襄烈公呉良の弟である。最初の名は呉国宝といい、呉禎の名を賜った。呉良と共に従軍して滁州・和州に勝利し、長江渡河に従って采石に勝利し、従軍して集慶路を平定し、鎮江路・広徳路・常州路・宣城県・江陰州を陥落させ、その全てに功績があった。また常遇春に従って銅陵県より池州路を奪取した際には、水軍を用いてその北門を破壊し、入城した。敵艦百隻余りが現れたので、再び撃破し、遂に池州路に勝利した。功績を重ねて帳前都先鋒より昇進を続け天興翼副元帥となった。千人を率いて呉良を助けて江陰州を鎮守し、しばしば呉(張士誠)の兵を退け、張士誠の水寨を破り、その驍将朱定を捕らえた。英武衛親軍指揮使を授かった。また呉の兵を浮子門の戦いで破った。大将軍徐達に従って水陸両軍を率いて湖州路を奪取し、旧館に奇襲部隊を送り、大勝利を収めた。湖州路が平定されると、遂に当地を鎮守した。平江路包囲に従軍し、葑門・胥門の二門を破り、大都督府都督僉事に昇進し、平江を鎮定した。次いで征南将軍湯和を補佐して方国珍を討伐した際には、潮位に乗じて曹娥江に侵入し、堰堤を破壊して通路を開き、突如として軍の厩舎を直撃した。方国珍は海へ逃れたので、これを盤嶼まで追撃し、戦闘は申の刻から戌の刻まで行われた結果、これを打ち破り、その軍船兵卒輜重の悉くを鹵獲し、方国珍は降伏した。また海路より進攻して福州路を奪取した際には、その西門・南門・水部門の三門を包囲し、一度の攻勢でこれに勝利した。
 洪武元年に軍を進めて延平路を破り、陳友定を捕らえた。閩(福建)沿岸は悉く平定された。帰還の途に就き昌国州に差し掛かった。たまたま海賊が蘭秀山を襲撃したので、これを討伐して鎮圧した。率府副使を兼任し、次いで呉王左相兼大都督府都督僉事となった。(洪武)二年、大将軍(徐達)が陝西を平定して帰還すると、呉禎は副将軍馮勝と共に慶陽府に駐屯した。(洪武)三年に沂州答山の賊を討伐した。靖海将軍を拝命し、海上部隊の操練を行った。その年の冬、靖海侯に封じられ、食禄千五百石とされ、世券を与えられた。秦王(朱樉)・晋王(朱棡)の二王を後見する金朝興・汪興祖と共に傅役を専任し、都督府の軍務を解任された。
 仇成が遼陽府を鎮守していた時、呉禎は水軍数万を率いて登州より物資を輸送するよう命じられた。海路は危険で遠かったものの、然るべき方策によって対処したので、軍糧が欠乏することは無かった。城塞を保持し兵卒を調練し、遼海の未だに帰順しなかった地を悉く収め、平章政事高家奴らを降伏させた。ある事案に連座して定遼衛指揮使に降格されたが、次いで召還された。(洪武)七年、海上に危険が迫った為に、再び総兵官に任命され、都督僉事於顕と共に江陰四衛の水軍を結集して倭寇を捕らえる為に出撃し、琉球近海にまで到達し、その軍船を鹵獲し、京師にて献俘を行った。これ以降は頻繁に海路を往来し、軍務を統括すること数年、海上に盗賊が現れることは無かった。
 (洪武)十一年に詔を奉じて定遼に出向いたが、病気になり、輿に乗って京師に帰還した。翌年に没した。海国公を追封され、襄毅と諡され、呉良と共に功臣廟に肖像が置かれた。子の呉忠が跡を継いだ。(洪武)二十三年に呉禎が胡惟庸の徒党に追認された為、爵位を剥奪された。
[PR]
by su_shan | 2016-08-04 16:16 | 『明史』列伝第十九