元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

薛顕

『明史』巻一百三十一、列伝第十九

 薛顕、蕭県の人。趙均用が徐州を占拠すると、薛顕を元帥とし、泗州を守らせた。趙均用が死亡すると、泗州を以て帰順した。親軍指揮使を授かり、征伐に従軍した。南昌路が平定されると、薛顕は大都督朱文正に従ってこれを鎮守するよう命じられた。陳友諒が南昌に攻め寄せたので、薛顕は章江門・新城門の二門を守備した。陳友諒の攻勢は非常に急速であった。薛顕はこれを防ぐ一方、間隙を突き精鋭を繰り出して肉薄し、その平章政事劉進昭を斬殺し、副枢趙祥を捕らえた。固守すること三ヶ月にして、包囲は解かれた。武昌路が平定されても、鄧仲謙は新淦州に拠って抵抗を続けたので、薛顕が討伐してこれを斬殺し、未だに帰順しない諸郡県を従えた。功績によって江西行中書省参知政事に抜擢された。徐達らに従って淮東を収め、遂に張士誠を討伐した。常遇春と共に湖州路を攻撃した際には、別に遊軍を率いて徳清県を奪取し、昇山水寨を攻撃した。張士誠は五太子(※1)率いる精兵を派遣して救援したが、常遇春と交戦して後退した。薛顕は水軍を率いて奮戦し、その船を焼き払った。軍は大混乱に陥り、五太子及び朱暹・呂珍らは旧館を以て投降し、兵卒六万人を獲得した。常遇春は薛顕に言った。「今日の戦は、将軍の功績である。遇春の及ぶ所では無い。」五太子らが降伏すると、呉の人は恐れ慄き、湖州路は遂に陥落した。進軍して平江路を包囲すると、諸将と共に分担して各門に布陣した。呉の地が平定されると、江西行中書省右丞に昇進した。
 大将軍(徐達)の中原攻略に従軍するよう命じられた。出陣直前、太祖(朱元璋)は諸将に訓戒し、薛顕・傅友徳の智勇は軍中随一であるから、一方面を担当すべきであると言った。進軍して兗州・沂州・益都路・済南路に勝利し、東昌路・棣州・楽安県を奪取した。転進して河南を収め、関中・陝西を突いた。黄河を渡り、衛輝路・彰徳路・広平路・臨清県を奪取した。水陸両軍を率いて徳州・長蘆を奪取し、元軍を河西務の戦いで破り、また通州に於いても破り、遂に元朝の都に勝利した。軍を分けて古北口などの要地を警備し、大同路を攻略し、喬右丞ら三十四人を捕らえた。進軍して山西を制圧し、保定路を経由し、七垜寨を奪取し、追撃して脱因帖木児(トインテムル)を破った。傅友徳と共に重騎兵三千騎を率い、定西州を攻略し、太原を奪取し、拡廓帖木児(ココテムル)を敗走させ、豁鼻馬(ファビマ)を降伏させた。石州に於いて賀宗哲を邀撃し、白崖・桃花諸山寨を突破した。大将軍徐達と平陽にて合流し、降将の杜旺ら十一人を引見し、遂に従軍して関中に入り、臨洮府に到達した。別将が馬鞍山西番寨を攻め、その家畜を大量に鹵獲し、元朝の豫王を襲撃して敗走させ、寧夏府路の戦いで拡廓帖木児を破り、また徐達と軍を合流させて平涼を奪取した。張良臣が偽って慶陽府を以て投降を申し出た時には、薛顕が出向いてこれを受け入れた。張良臣は道路に平伏して歓迎し、夜中になって薛顕の陣営を襲撃したが、薛顕は包囲を突破して危地を脱した。張良臣は城を占拠して叛き、徐達は進軍してこれを包囲した。拡廓帖木児は韓扎児(韓ジャル)を派遣して原州を攻め、明軍の攻勢を緩めようとした。薛顕は霊州に軍を置いてこれを遮った。張良臣は救援を断たれ、遂に敗れた。賀宗哲を六盤山に追撃し、拡廓帖木児を塞外に追い払い、陝西は悉く平定された。
 洪武三年の冬に大規模な功臣封爵が行われた。薛顕は胥吏・獣医・火者(宦者)・騎兵及び千戸呉富を恣意的に殺害していたので、その罪を考慮された。永城侯に封じられたが、世券は与えられず、海南に隠棲させられた。その食禄は三分割され、一つは薛顕の殺害した呉富及び騎兵の遺族に給付し、一つは薛顕の母と妻に給付し〔一〕、功績と過失が交錯することの無い様にした。薛顕が海南に移った翌年、洪武帝(朱元璋)はこれを思い、薛顕を召還し、世券を与え、食禄千五百石とした。再び大将軍(徐達)に従って漠北に遠征した。数度の命を奉じて河南を巡視し、北平府に屯田し、山西に練兵し、魏国公(徐達)に従って北辺を巡察し、宋国公(馮勝)に従って金山に出征した。(洪武)二十年の冬に召還され、山海衛に差し掛かった際、没した。永国公を贈られ、桓襄と諡された。子は無く、弟の薛綱は幼かった。(洪武)二十三年に薛顕が胡惟庸の徒党に追認され連座したが、既に死亡していた為に不問とされるも、爵位を剥奪された。

【注釈】
(※1)五太子、詳細は顧時伝【注釈】(※1)を参照されたい。

【校勘記】
〔一〕その食禄は三分割され、一つは薛顕の殺害した呉富及び騎兵の遺族に給付し、一つは薛顕の母と妻に給付、『太祖実録』巻五十九、洪武三年十二月戊辰条は「その食禄は三分割され、一つは呉富の遺族に給付し、一つは殺害した騎兵の遺族に給付し、一つは薛顕の老母妻子を養わせた。」となっており、比較的に明確である。
[PR]
by su_shan | 2016-08-04 20:05 | 『明史』列伝第十九