元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

郭興

『明史』巻一百三十一、列伝第十九

 郭興、またの名を郭子興、濠州の人。滁陽王郭子興が濠州を占拠すると、元帥を自称し、郭興は麾下に参じた。太祖(朱元璋)が甥館に居た頃、郭興の心服を得たのである。軍営にあっては宿直に備え、功績を重ねて管軍総管を授かり、統軍元帥に昇進した。常州路を包囲した際には、夜であっても武装を解かない日が七ヶ月も続いた。城が陥落すると、表彰を受けた。寧国路・江陰州・宜興州・婺州路・安慶路・衢州路の攻略に従軍し、これを全て陥落させた。鄱陽湖の戦いでは、陳友諒が巨艦を並べて前進したので、我が軍は度々後退したが、郭興は一計を案じ火計を用いて攻撃した。陳友諒は敗死した。武昌路遠征に従軍し、捕殺の功績が多く、鷹揚衛指揮使に昇進した。徐達に従って廬州路を奪取し、安豊路を救援し、張士誠の軍を大いに打ち破った。襄陽路・衡州路・澧州路を平定し、帰還して高郵府・淮安路に勝利し、湖州路に転戦し、平江路を包囲し、婁門に布陣した。呉の地が平定されると、鎮国将軍〔一〕・大都督府都督僉事に抜擢された。
 洪武元年に徐達に従って中原を奪取し、汴梁路に勝利し、河南を守った。馮勝が陝州を奪取すると、兵員を増強して潼関を守るよう要請した。徐達は言った。「郭興以外に任せられる者は居ない。」遂に郭興を送って当地を鎮守させた。潼関は、三秦の門戸に当たり、当時は哈麻図(ハマド)が奉元路を占拠し、李思斉・張思道らと共に掎角の形を作り、日々東進の機会を狙っていたが、郭興は尽力して防いだ。王左丞が来襲した時は、これを大いに打ち破った。徐達に従って軽騎兵を率いて奉元路を直撃した。大軍が後続し、遂にこれに勝利した。鞏昌府に移り、辺境は安定した。
 (洪武)三年に秦王(朱樉)武傅となり、陝西行都督府都督僉事を兼任した。その年の冬、功臣封爵が行われたが、郭興は紀律を守らなかったことがあり、封爵は鞏昌侯に止まり、食禄千五百石とされ、世券を与えられた。(洪武)四年に蜀(明昇)を討伐し、漢州・成都路に勝利した。(洪武)六年に徐達に従って北平府を鎮守し、陳徳と共に答剌海口(トラハイ口)の戦いで元軍を破った。(洪武)十一年に臨清県で練兵を行った。(洪武)十六年に北辺を巡察した。召還され、年を越えて没した。陝国公を贈られ、宣武と諡された。(洪武)二十三年に追認されて胡惟庸の徒党に連座し、爵位を剥奪された。
 郭興の妹は寧妃となり、弟の郭英は武定侯となった。

 末弟の郭徳成は、性格は機敏であったが、酒を好んだ。二人の兄が功績を重ねて侯爵に列せられたにも関わらず、郭徳成は驍騎舎人に止まった。太祖は寧妃のこともあって、これを上位に取り立てようと考えていた。郭徳成は辞退したので、洪武帝(朱元璋)は愉快では無かった。郭徳成は平伏して言った。「臣は麯糵(酒麹)に耽るのが大好きなものですから、平凡愚昧で何も出来はしないのです。位階が高くなり食禄が重くなれば、必ずや官職に任ぜられましょうが、仕事振りが悪ければ、恐らく主上は私を殺めるでしょう。人生は思い通りに出来るのが宜しゅうございまして、もっぱら多くの金子を得て、醇酒を呷るには充分でございますので、もう他に何も望む物はございません。」洪武帝は喜び、酒百罌を賜り、金の御幣でこれを称え、寵遇は更に厚くなった。嘗て後苑で宴を開いた際に列席して泥酔し、這いずりながら冠を脱ぎ去って拝謝した。洪武帝は郭徳成の髪がぐしゃぐしゃになっているのを見て、笑って言った。「酔って気でも違ったのか、髪をこの様にして、酒が過ぎたのではないかね?」郭徳成は顔を上げて言った。「臣は嫌いではありませんぞ、なんなら全て剃り落として綺麗に致しましょうぞ。」洪武帝は押し黙った。酔いが醒めると、恐れ慄き、わざと狂乱した様に振る舞い、髪を剃って僧衣を纏い、念仏を唱え続けた。洪武帝は寧妃に言った。「最初は其方の兄の戯言かと思ったが、今や本当にこうなってしまうとは、真の気違いであるな。」後に徒党の事案が発生すると、一族の中から連座して処刑される者も出たが、郭徳成は遂に免れることが出来たのであった。

【校勘記】
〔一〕鎮国将軍、『太祖実録』巻百六十八、洪武十七年十一月癸酉条は「鎮国上将軍」となっている。
[PR]
by su_shan | 2016-08-05 11:04 | 『明史』列伝第十九