元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

梅思祖

『明史』巻一百三十一、列伝第十九

 梅思祖、夏邑県の人。当初は元朝の義兵元帥となったが、叛いて劉福通に従った。拡廓帖木児(ココテムル)はその父親を殺害して塩漬肉にした。次いで劉福通を見限って張士誠に帰順し、中書省左丞となり、淮安路を守った。徐達の軍が現れると、迎え入れて降伏し、併せて四つの州を献上した。張士誠はその兄弟数人を殺害した。太祖(朱元璋)は梅思祖を大都督府副使に抜擢した。大軍を発した呉(張士誠)討伐に従軍し、昇山水寨に勝利し、湖州路を陥落させ、平江路を包囲し、いずれも功績を挙げた。呉の地が平定されると、浙江行中書省右丞に遷った。大将軍(徐達)に従って中原を討伐し、山東に勝利し、汴梁路・洛陽県を奪取し、陝州を破り、潼関を陥落させた。軍を返して河北を従え、衛輝路に到達した。元朝の平章政事竜二は城を放棄して彰徳路に逃走したので、軍を追撃に向かわせた。竜二は再び逃走したので、遂に城は降伏し、そのまま鎮守した。北平の未だに帰順しない州郡を平定した。大軍に従って晋・冀の地を平定し、また陝西平定に従軍し、別動隊を率いて邠州に勝利し、元朝の参知政事毛貴ら三十人を捕らえた。大将軍(徐達)に従って定西州の戦いで拡廓帖木児を破った。秦州より帰還すると、略陽県を破り、沔州に侵入し、興元路を奪取した。
 洪武三年に功績を評価されて汝南侯に封じられ、食禄九百石とされ、世券を与えられた。(洪武)四年に蜀(明昇)を討伐した。(洪武)五年に甘粛に遠征した。帰還すると山西・陝西・遼東の城郭の巡視を命じられた。(洪武)十四年、四川の水尽源・通塔平・散毛諸洞の長官が叛乱を起こしたので、梅思祖を征南副将軍に任命し、江夏侯周徳興と共に軍を率いてこれを討伐させた。(洪武)十五年にまた傅友徳と共に雲南を平定し、貴州都指揮使司を設置し、梅思祖を署都指揮使とした。次いで署雲南布政使司事となり、平章政事潘元明と共に雲南を鎮守した。
 梅思祖は治安の安定に長じており、遠方の人々は安心した。この年に没し、鍾山の北側に賜葬された。
 子の梅義は、遼東都指揮使となった。(洪武)二十三年に梅思祖が胡惟庸の徒党に追認され連座すると、その一家は抹殺された。梅思祖の甥の梅殷は、駙馬都尉となり、別に伝がある。
[PR]
by su_shan | 2016-08-06 14:20 | 『明史』列伝第十九