元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

唐勝宗

『明史』巻一百三十一、列伝第十九

 唐勝宗、濠州の人。太祖(朱元璋)が挙兵した時、唐勝宗は十八歳であったが、帰順した。長江渡河に従い、功績を重ねて中翼元帥となった。徐達に従って常州路に勝利し、進撃して寧国路を包囲し、要害を抑えて奮戦し、その援軍を破った。城は遂に降伏した。婺州路遠征に従軍し、これに勝利した。池州路遠征に従軍し、奮戦して陳友諒の軍を破り、竜驤衛指揮僉事に抜擢された。陳友諒遠征に従軍し、安慶路に到達したが、敵の守りは固かった。唐勝宗は陸兵を率いてこれを誘い出し、不意を打って、その水寨を突いて勝利した。南昌路攻略に従軍し、江西の諸郡を平定した。安豊路を救援し、廬州路を攻め、鄱陽湖に戦い、涇江口に邀撃し、そのいずれにも功績があり、驃騎衛指揮同知に抜擢された。武昌路平定に従軍し、長沙県・沅陵県・澧陽県を従えた。徐達に従って江陵県を奪取し、帰還して淮東を平定し、坑道を用いて安豊路に勝利し、追撃して元朝の部将忻都(ヒンドゥ)を捕らえ、安豊衛指揮使となって当地を鎮守した。大将軍(徐達)に従って中原を討伐し、汴梁路・帰徳府・許州に勝利し、留守役を拝命した。大軍に従って延安路に勝利し、大都督府都督同知に昇進した。
 洪武三年の冬に延安侯に封じられ、食禄千五百石とされ、世券を与えられた。ところが駅騎を私役した罪で爵位を剥奪され、指揮使に降格された。代県の犯罪者を取り締まった。しばらくして、爵位を戻された。(洪武)十四年、浙東の山賊葉丁香らが叛乱を起こしたので、軍を率いてこれを討伐するよう命じられ、賊の首魁とその一党三千人余りを捕らえた。軍を分けて安福県の賊を平定し、臨安路に到達し、元朝の右丞兀卜台(ウブタイ)らを降伏させた。(洪武)十五年に陝西を巡視し、屯田を監督し、兵卒を整理した。翌年に遼東を鎮守し、勅を奉じて高麗との通交を禁じた。高麗の使者が訪れると、その魂胆を見抜き、報告した。勅と褒美を賜ったが、これは魏の田予が烏桓の賄賂を退け、名臣と称されたことと同じである。遼東を鎮守すること七年、威信は非常に顕著であった。召還されると、軍を率いて貴州の蛮族を討伐し、黄平で練兵を行った。(洪武)二十三年に胡惟庸の徒党に連座して誅殺され、爵位を剥奪された。
[PR]
by su_shan | 2016-08-06 14:21 | 『明史』列伝第十九