元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

陸仲亨

『明史』巻一百三十一、列伝第十九

 陸仲亨、濠州の人。太祖(朱元璋)に帰順し、滁州制圧に従軍し、大柳樹諸寨を奪取した。和陽に勝利し、元軍を撃破し、青山の群盗を駆逐した。長江渡河に従い、太平路を奪取し、集慶路を平定し、徐達に従って諸郡県を陥落させ、左翼統軍元帥を授かった。陳友諒征伐に従軍し、多くの功績を挙げ、驃騎衛指揮使に昇進した。常遇春に従って贛州を討ち、熊天瑞を降伏させ、贛州衛指揮使となり、嶺南嶺北の新たに帰順した諸郡を節制した。軍を派遣して梅州・会昌州・湘郷州に勝利し、諸山寨の悉くを平定した。洪武元年に衛軍を率いて廖永忠らと共に広東に遠征し、諸郡県を攻略し、廖永忠と広州に於いて合流し、元朝の部将盧左丞を降伏させた。広東は平定された。美東衛指揮使に改められ、江西行中書省平章政事に抜擢された。鄧愈に代わって襄陽府を鎮守し、大都督府都督同知に改められた。
 (洪武)三年の冬に吉安侯に封じられ、食禄千五百石とされ、世券を与えられた。唐勝宗と共にある事案に連座して指揮使に降格された。雁門を襲撃した賊を捕らえ、共に爵位を戻された。(洪武)十二年に周徳興・黄彬らと共に湯和に従って臨清県で練兵を行った。間も無くして、軍中から三人の逮捕者が出たので京師へ送還したが、早くも釈放された。成都府の鎮守に移り、巨津州の蛮族叛乱を平定した。烏撒諸蛮が再び叛いたので、傅友徳に従ってこれを討伐した。
 (洪武)二十三年に胡惟庸の逆党を追及した時、家奴の封帖木(ホンテム)が陸仲亨と唐勝宗・費聚・趙庸が互いに通謀していると告発したので、獄吏に下して尋問させた。供述が出揃うと、洪武帝(朱元璋)は言った。「高位にありながら心配事でもありそうな顔をしておったので、朕はいつも訝しんでいたのだ。」遂に陸仲亨は誅殺され、その家産は没収された。
 初め、陸仲亨が十七歳の時、敗残兵の掠奪を受け、父母兄弟全員を殺害され、たった一升の麦を持ち出して草むらに隠れていた。洪武帝がこれを見つけ、「来なさい」と呼んだので、遂に征伐に従事し、侯爵に封じられるまでに至ったのである。嘗て洪武帝は次の様に言ったことがある。「こやつは我が挙兵時の腹心股肱の部下である。」しかしながら、結局は誅殺されてしまった。
[PR]
by su_shan | 2016-08-06 22:50 | 『明史』列伝第十九