元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

陸聚

『明史』巻一百三十一、列伝第十九

 陸聚、何処の人かは不明、元朝の枢密院同知であった。脱脱(トクト)が徐州の戦いで芝麻李を破ると、彭大らは濠州に落ち延びたので、陸聚は流民を集め、城を修築して境界を保全したことで、賊は敢えて侵犯しようとしなかった。徐達が江北・淮東を収めると、陸聚は徐州・宿州の二州を以て投降した。嘗て太祖(朱元璋)は次の様に言って招聘したことがある。「二州は我が桑梓の地(故郷)であるから、未だに兵を加えるに忍びない。」帰順するに及んで、非常に喜び、陸聚を江南行中書省参知政事として、そのまま徐州を守らせた。軍を派遣して沛県・魚台県・邳州・蕭県・宿遷県・雎寧県を攻略した。拡廓帖木児(ココテムル)が李左丞を派遣して徐州に侵攻し、陵子村に駐兵した。陸聚は指揮使傅友徳を派遣してこれを迎え撃ち、その軍を捕虜とし、李左丞を捕らえた。また元軍を宿州の戦いで破り、僉院邢端らを捕らえた。山東攻略に従軍し、汴梁路を平定した。鎮に帰還すると、山東行中書省参知政事に改められた。従軍して元朝の都を平定し、大同路・保定路・真定路を攻略し、車子山及び鳳山・城山・鉄山諸寨を攻撃して勝利し、一軍を以て井陘県の故関を守備し、陝西に軍を合流させ、承天寨に勝利した。陸聚の率いる部曲はみな淮北の精兵で、燕・趙の地の精鋭騎兵ですら及ばなかったのである。北征に従事していたところ、沂州・邳州の山中の民が間隙に乗じて乱を起こしたので、陸聚を召還し、これを討伐させた。
 洪武三年に河南侯に封じられ、食禄九百石とされ、世券を与えられた。(洪武)八年に衛国公鄧愈と共に陝西で屯田を行い、衛所を置いて守らせた。(洪武)十二年に信国公湯和と共に臨清県で練兵を行った。次いで福建の軍務を管理した。召還されると、鳳陽府に邸宅を賜った。(洪武)二十三年に胡惟庸の徒党に連座して処刑され、爵位を剥奪された。
[PR]
by su_shan | 2016-08-08 00:15 | 『明史』列伝第十九