元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

鄭遇春

『明史』巻一百三十一、列伝第十九

 鄭遇春、濠州の人。兄の鄭遇霖と共に怪力との評判があった。鄭遇霖が村人と諍いを起こし、これを殺そうとした時は、鄭遇春が身体を張って仲裁に努め、和解させたことがある。皆は鄭遇霖を怖がったが、鄭遇春は賢明であるとされた。太祖(朱元璋)が滁州を陥落させると、鄭遇霖を先鋒として、鉄仏岡・三汊河・大柳などの砦を奪取し、鄭遇春もまた功績を重ねて管軍総管となった。蕪湖を攻撃した時、鄭遇霖が戦死したので、鄭遇春がその手勢を受領した。時に諸将の部曲は千人を超えることは無かったが、鄭遇春は二隊を兼ねたので、その部曲は最も勇猛果断で、戦闘の度に多くの功績を挙げ、左翼元帥を授かった。陳友諒平定に従軍した際は、自身を兵卒の前に置いて戦い、未だ嘗て自らの功績を誇ることが無かったので、太祖はこれを格別と思った。六安州を奪取すると、六安衛指揮僉事となった。大将軍(徐達)に従って山東・河南・河北を平定し、朔州に勝利すると、朔州衛指揮副使に改められた。
 洪武三年に大都督府都督同知に昇進し、栄陽侯に封じられ、食禄九百石とされ、世券を与えられた。翌年に臨濠府駐在を命じられ、行大都督府を開設したが、ある事案に連座して爵位を剥奪された。次いで爵位を戻され、再び朔州を鎮守した。傅友徳に従って雲南を平定し、楊文らを率いて城郭や堡塁を治めた。京師に帰還すると、金吾諸衛を監督し、海船百八十艘を建造し、遼東に軍糧を輸送し、陝西の岷州諸衛の官用馬を登録した。(洪武)二十三年に胡惟庸の徒党に連座して処刑され、爵位を剥奪された。
[PR]
by su_shan | 2016-08-08 00:15 | 『明史』列伝第十九