元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

黄彬

『明史』巻一百三十一、列伝第十九

 黄彬、江夏県の人。欧普祥の袁州路・吉安路属県への攻撃に従軍し、徐寿輝は欧普祥に袁州を守らせた。陳友諒が徐寿輝を殺害するに及んで、偽号を自称したので、黄彬は欧普祥に言った。「公と陳友諒は対等であらせますのに、どうして下位に甘んじておられるのですか?陳友諒は驕慢を恣にするだけで、江東(朱元璋)の敵ではございません。境界を保全して東方の軍に従えば、富貴を失わずに済むでしょう。」欧普祥は遂に使者を派遣して帰順した。陳友諒は弟の陳友仁を派遣してこれを攻撃した。黄彬と欧普祥はその軍を破り、陳友仁を捕らえた。陳友諒は慄き、互いに領域を侵犯しないことを約束して、陳友仁を釈放させた。当時、江・楚諸郡は全て陳氏の支配する所であったが、袁州路がその要害の抑えとなれば、湘潭州・岳州路・贛州路の軍は進出することができず、陳友諒の勢力は非常に縮小する。太祖(朱元璋)の軍がこれに迫り、遂に江州路が放棄されたのは、黄彬の手柄である。
 太祖は竜興路に到達し、欧普祥に命じてそのまま袁州路を守らせる一方で、黄彬を江西行中書省参知政事とした。間も無くして、欧普祥が没し、黄彬がその部曲を受領した。欧普祥は残虐な統治を行っていたが、黄彬は悉く反対の施策を行ったので、民衆は非常に安心した。常遇春に従って贛州路に遠征した。饒鼎臣が吉安路を支配しており、熊天瑞に応援させた。常遇春の軍が到着すると、饒鼎臣は安福州へ逃走したので、黄彬は軍を率いてこれを追撃した。饒鼎臣は更に茶陵州に逃走したので、熊天瑞は降伏した。永新州守将の周安が叛くと、黄彬は湯和に従って周安を捕らえ、饒鼎臣もまた敗死した。袁州路鎮守に移り、諸山寨を招聘し、江西は悉く平定された。江淮行中書省左丞に昇進した。
 洪武三年に宜春侯に封じられ、食禄九百石とされ、世券を与えられた。(洪武)四年、贛州府上猶県の山賊が叛いたので、これを討伐した。(洪武)五年、古州などの洞蛮が叛いたので、鄧愈を征南将軍として、三路より出撃し、黄彬は営陽侯楊璟と共に澧州に出征した。軍が帰還すると、中都に邸宅を賜った。翌年に徐達に従って北平府を鎮守し、沂州・臨清県に出向いて練兵を行った。(洪武)二十三年に胡惟庸の徒党に連座して処刑され、爵位を剥奪された。
[PR]
by su_shan | 2016-08-08 00:15 | 『明史』列伝第十九