元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

葉昇

『明史』巻一百三十一、列伝第十九

 葉昇、合肥県の人。左君弼が廬州路を占拠すると、葉昇は自ら離脱して帰順した。右翼元帥として江州路遠征に従軍し、指揮僉事として呉の地を平定し、府軍衛指揮使として明州平定に従軍した。洪武三年に功績を評価され、大都督府都督僉事となった。翌年に征西将軍湯和に従い水軍を率いて蜀を奪取した。二年後、出向して都指揮使となり、西安府を鎮守し、慶陽府の叛徒を討伐した。(洪武)十二年に再び大都督府都督僉事となった。西番が叛くと、都督王弼と共に遠征し、乞失迦(チシジャ)を降伏させ、その部落を平定した。また延安路の伯顔帖木児(バヤンテムル)を討伐し、洮州の番酋を捕らえた。功績を評価され、靖寧侯に封じられ、食禄二千石とされ、世襲指揮使となった。遼東を鎮守し、海州・蓋州〔一〕・復州の三城を修築した。鎮にあること六年、辺境の防備を補強したので、外部の賊は敢えて襲撃しようとはしなかった。高麗による贈賄を暴いたので、洪武帝(朱元璋)はしばしば勅を賜い、唐勝宗と共に賞賛を受けた。
 (洪武)二十年に普定侯陳桓と共に雲南の定辺県・姚安軍民府に於いて諸軍を統括し、砦を築いて屯田を行い、畢節衛を治めた。翌年、東川軍民府・竜海の諸蛮が叛いたので、葉昇は参将として沐英に従ってこれを討伐した。既に湖広の安福千戸所の千戸夏徳忠が九渓洞の蛮族を取り込んで荒らし回っていたので、葉昇は胡海らと共にこれを討伐した。密かに兵を送って敵の後背を急襲し、夏徳忠を捕らえ、永定衛・九渓衛の二衛を設立し、襄陽府に駐屯した。贛州府の山賊がまた湖広の峒蛮と結託して荒らし回った。葉昇は副将軍となり、胡海らと共にこれを討伐し、捕虜一万七千人を得た。葉昇は凡そ三度の叛蛮を平定し、再び甘粛・河南に出向いて練兵を行った。(洪武)二十五年八月に胡惟庸の事案に関わっていたことが発覚した為、誅殺された。涼国公藍玉は、葉昇の姻族であったことから、藍玉が粛清されると、また葉昇にも連座したので、その名を両党に連ねられることとなったのである。

【校勘記】
〔一〕蓋、もとは「益」であった。海州・蓋州・復州は遼東都指揮使司に属していたことから、本書巻四十一、地理志に基づいて改めた。
[PR]
by su_shan | 2016-08-08 00:16 | 『明史』列伝第十九