元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

陳友定

『明史』巻一百二十四、列伝第十二

 陳友定、またの名を陳有定、字を安国、福清州の人で、汀州路の清流県へ移り住んだ。代々農家を営んだ。為人は沈着かつ勇敢で、遊侠を好んだ。郷里の者はみな恐れ従った。至正年間、汀州路府判の蔡公安が清流県を訪れ民兵を募集して賊を討伐しようとしたので、陳友定は募集に応じた。蔡公安が陳友定と話をしたところ、これは尋常では無い人物だと思ったので、募兵した部曲を掌握させ、黄土砦巡検に割り当てた。数々の山寨を平定した功績によって、清流県尹に遷った。陳友諒がその部将鄧克明らを派遣して汀州路・邵武路を陥落させ、杉関を攻略した。行中書省は陳友定に汀州路総監を授け、これを防がせた。黄土の戦いで大勝利を収め、鄧克明は敗走した。年を越えて、鄧克明は再び汀州路を奪取し、建寧路を急襲した。守将の完者帖木児(オルジェイテムル)は陳友定に檄を飛ばして来援を要請したので、立て続けに賊軍を破り、失陥した郡県の悉くを回復した。行中書省はその功績を第一等とし、参知政事に昇進させた。既に、延平路に分中書省が設置されていたので、陳友定を平章政事としたことで、陳友定は福建八郡の地の悉くを領有することになった。
 陳友定は農家の子でありながら募兵として出世したので、文章の読み書きが出来なかった。八郡を領有するに及んで、しばしば文学の著名人を招き、例えば閩県の鄭定・廬州路の王翰の類は、麾下に留め置いた。書籍には粗方目を通し、五字小詩の作り方を習ったが、いずれも道理に適っていた。しかしながら思うに任せて処断することが多く、所属する者で命令に違反した者は誅殺や追放される事例が後を絶たなかった。漳州路守将の羅良は不満に思い、書状を送り付けて批判した。「郡県とは国家の土地である。官僚と官衙は、主君の臣下である。そして糧倉は、朝廷の外庫なのである。今、貴殿は郡県を家の様に見て、官僚を下僕の様に急き立て、糧倉を私蔵の様に扱い、表向きは国家に貢献している様に見えて、実際は好き勝手に振る舞っているだけなのだ。愚かにも貴殿は郭子儀たらんとしているのか、或いは曹孟徳たらんとしているのか?」陳友定は怒り、とうとう兵を用いて羅良を誅殺してしまった。福清州宣慰使の陳瑞孫・崇安県令の孔楷・建陽県の人である詹翰は陳友定を拒んで従わなかった為に、全員殺害された。こうして陳友定は八閩の地を震撼させたが、元朝の臣下としての節度は未だに逸脱したことが無かった。当時、張士誠は浙西に割拠し、方国珍は浙東に割拠していたが、名目上は元朝に帰順していたので、毎年大都に粟を輸送していたが、すぐに到着しなくなってしまった。一方で陳友定は毎年数十万石の粟を輸送したが、遙かに遠い海路であった為に、到着したのは十のうち三か四であった。順帝はこれを喜び、詔を下して褒美を与えた。太祖(朱元璋)が婺州路を平定すると、陳友定と領域を接することになった。陳友定は処州府に侵攻した。参知政事胡深が迎え撃ってこれを敗走させ、遂に浦城県を陥落させ、松渓県に勝利し、陳友定の部将張子玉を捕らえ、朱亮祖と共に建寧路に進攻し、その二柵を破った。陳友定は阮徳柔を派遣して兵四万を以て錦江に駐屯させ、胡深の後背に回り込ませ、その帰路を断ち、自らは副将の頼政らを率いて精鋭を以て肉薄し、阮徳柔も後背より挟撃した。胡深の軍は敗れ、捕らわれて殺害された。太祖は既に方国珍を平定していたので、兵を発して陳友定を討伐した。将軍胡廷美・何文輝は江西より杉関に向かい、湯和・廖永忠は明州府より海路を進んで福州路を奪取し、李文忠は浦城県より建寧路を奪取し、これとは別に使者を延平路に派遣して、陳友定を招聘した。陳友定は酒を置いて諸将や賓客を一堂に集め、明朝の使者を殺害し、その血を酒甕の中に零して、皆で掬ってこれを飲んだ。酒が充分に回ると、皆に誓って言った。「我らは等しく元朝の厚恩を享受しているのだ、死を以てせずして拒む者が居れば、その身体を磔にし、妻子は殺戮してくれる。」遂に福州路に出向いて視察し、城の周囲に堡塁を建造した。堡塁より五十歩を隔てて、高台を築き、厳重に警戒して防御する策を採った。既に杉関が突破されたという報告を受けると、素早く軍を二分し、一軍を以て福州路を守り、自らは一軍を率いて延平路を守り、互いに掎角の形を作った。湯和らの水軍が福州路の五虎門に到達すると、平章政事曲出(クチュ)が兵を率いて迎撃したが敗れ、明軍は南台の縁に殺到して城壁を登った。守将は遁走し、参知政事尹克仁・宣政使朶耳麻(ドルマ)は屈すること無く戦死し、僉院柏帖木児(柏テムル)は楼下に薪を積み上げ、妻妾と二人の娘を殺害し、火を放って自らを焼いた。
 胡廷美が建寧路に勝利すると、湯和は延平路に進攻した。陳友定は持久戦を挑んでこれを困窮させようと考え、諸将が出撃を要請しても認めなかった。何度も要請が続いて止むことが無かったので、陳友定は部将の謀叛を疑い、蕭院判を殺害した。兵卒の多くが投降した。たまたま軍器局で火災が発生し、城内から地を揺るがす程の爆発音が聞こえた為、明軍は変事が発生したことを悟り、城を急襲した。陳友定は部下を呼んで訣別の言葉を交わした。「大事は既に去れり、我は一人死して国に報いん、諸君らは努力せよ。」下がって省堂へ入って行き、衣冠を整え北面して再拝し、毒を仰いで死んだ。麾下の軍は競って城門を開き、明軍に投降した。軍が入城し、陳友定を確認しに行ったところ、まだ絶命していなかった。担がれて水東門を出たところ、激しい雷雨に遭い、陳友定は蘇生した。拘束されて京師に送還された。謁見の場で太祖はこれを詰問した。陳友定は声を張り上げて叫んだ。「国破れて家滅びれば、ただ死するのみ、これ以上何も言うものか!」こうして子の陳海と共に殺害されてしまった。
 陳海、またの名を陳宗海、騎射に巧みで、また好んで文人を礼遇した。陳友定が捕らえられると、将楽県より軍門に降って来たが、ここに至って共に殺害された。
 元朝末期に盗賊の跋扈した地域に於いては、民間の者が義兵を起こして郷里を保全し、元帥を自称した者は数え切れない程に多いが、元朝はそれらの者に対して容易く官位を与えた。その後、ある者は翻って盗賊となり、ある者は最後まで元朝に仕えたが、ただ陳友定父子の義に殉じた姿勢は、当時の人々に忠節を全うしたものと称えられた。陳友定が死亡すると、興化路・泉州路はいずれも威勢に靡いて帰順した。ただ漳州路達魯花赤(ダルガチ)の迭里彌実(デリウィシュ)だけは公服を身に着け、北面して再拝し、斧を振り下ろして印章を砕き、腰に帯びた刀で咽喉を刺し貫いて果てた。当時謳われていた「閩に三忠あり」とは、陳友定・柏帖木児・迭里彌実のことである。
[PR]
by su_shan | 2016-08-13 17:26 | 『明史』列伝第十二