元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

傅友徳

『明史』巻一百二十九、列伝第十七

 傅友徳、その先祖は宿州の人であり、後に碭山へ移り住んだ。元朝末期に劉福通の一党である李喜喜に従って蜀の地に入った。李喜喜が破れると、明玉珍に従ったものの、明玉珍には重用されなかった。出奔して武昌路へ向かい、陳友諒に従ったが、評判は立たなかった。
 太祖(朱元璋)が江州路を攻撃し、小孤山に到達した時、傅友徳は所部を率いて投降した。洪武帝(朱元璋)が言葉を交わした所、これは非凡であると考え、登用して将帥にした。常遇春に従って安豊路を救援し、廬州路を攻略した。帰還すると、続いて鄱陽湖に戦い、軽船を駆って陳友諒の先鋒を挫いた。身体中を負傷したが、更に奮起して戦い、また諸将と共に涇江口に邀撃し、陳友諒を敗死させた。武昌路遠征に従軍した際には、城の南東にある高冠山から城内を一望出来たのであるが、漢(陳友諒)兵がここに布陣していた為に、諸将は互いに顔を見合わせて進もうとしなかった。傅友徳は数百人を率い、鼓を一度鳴らしてこれを奪取した。途中、流矢が頬に命中したが、臆する事は無かった。武昌路が平定されると、雄武衛指揮使を授かった。徐達に従って廬州路を突破し、別軍を率いて夷陵県・衡州路・襄陽路に勝利した。安陸府を攻撃した際には、九ヶ所も傷を受けたが、その守将任亮を撃破して捕らえた。大軍に従って淮東を陥落させ、馬騾港の戦いで張士誠の援軍を破り、軍船一千隻を鹵獲し、また元朝の将帥竹貞を安豊路の戦いで大いに打ち破った。陸聚と共に徐州を鎮守した際には、拡廓帖木児(ココテムル)が部将李二を派遣して攻め寄せ、陵子村に差し掛かった。傅友徳は自軍の兵が少なく抵抗出来ないと判断し、籠城して交戦を回避した。敵軍が方々へ掠奪に走るのを確認すると、二千の兵を率いて黄河を遡上して呂梁へ向かい、上陸してこれを攻撃し、単騎で槊を振るって敵将韓乙を刺殺した。敵軍は敗退した。すぐさま奪還に来ると考え、速やかに撤収し、城門を開いて平野に布陣し、戈を伏せて待機した上で、鼓の合図が聞こえれば攻撃するよう手筈を整えた。果たして李二が現れたので、鼓を打ち鳴らすと、兵卒が躍り出て肉薄して戦い、李二を撃破して捕らえた。召還されると、江淮行中書省参知政事に昇進し、御前の旗幟と車蓋を取り払い、鼓吹して邸宅まで送らせた。
 翌年に大将軍(徐達)の北征に従い、沂州を破り、青州を陥落させた。元朝の丞相也速(イェス)が来援したが、軽騎を用いて敵を伏撃地点まで誘引し、これを打ち破って敗走させた。遂に莱陽県・東昌路を奪取した。翌年に汴梁路・洛陽県平定に従い、諸山寨を接収した。黄河を渡って衛輝路・彰徳路を奪取し、臨清県に到達すると、捕縛した元朝の将帥に道を案内させ、徳州・滄州を奪取した。元朝の都に勝利すると、要害古北口を警備し、盧溝橋を守り、大同路を攻略し、帰還して保定路・真定路を陥落させ、定州を鎮守した。続いて山西を攻め、太原に勝利した。拡廓帖木児は保安州より来援し、騎兵一万が突如として現れた。傅友徳は五十騎を率いて突撃しこれを退け、夜陰に乗じて陣営を奇襲した。拡廓帖木児は慌てて遁走したので、追撃して土門関に至り、その捕縛した兵馬は一万を数えた。また石州の戦いで賀宗哲を破り、宣府の戦いで脱列伯(トレバイ)を破り、遂に西進して大将軍と合流し、慶陽府を包囲すると、一軍を率いて霊州に駐屯し、その援軍を遮り、遂に慶陽府に勝利した。帰還すると、白金文綺を賜った。
 洪武三年に大将軍(徐達)に従って定西州を突き、大いに拡廓帖木児を打ち破った。兵を移して蜀(明昇)を討伐し、先鋒を拝領して一百八渡を越え、略陽関を奪取し、遂に沔州に侵入した。兵を分けて連雲桟より漢中を合撃し、これに勝利した。補給が続かなかった事から、軍を西安府に帰還させた。蜀将呉友仁が漢中に侵攻した。傅友徳は三千騎を率いてこれを救援し、斗山寨を攻めた際には、軍中に下令して山上に十個の松明を燃やしたので、蜀兵は驚愕して遁走した。この年の冬、論功行賞により開国輔運推誠宣力武臣・栄禄大夫・柱国・大都督府都督同知を授かり、潁川侯に封じられ、食禄千五百石とされ、世券を与えられた。
 翌年に征虜前将軍に充てられ、征西将軍湯和と共に経路を分けて蜀を討伐した。湯和は廖永忠らを率いて水軍を用いて瞿塘関を攻め、傅友徳は顧時らを率いて歩騎を用いて秦・隴の地を出撃した。太祖は傅友徳を諭して言った。「蜀人は我が西伐を耳にすれば、必ずや精鋭を集中して東は瞿塘関を守り、北は金牛峡を阻み、我が軍に抵抗するであろう。もし不意を突き、階州・文州を直撃すれば、門戸は破れ、中身は自ずと潰えよう。兵は神速を貴ぶと言う、忌むべきは怯懦のみだ。」傅友徳は陝西に急行し、諸軍を糾合して金牛峡へ向かうと広言する一方、密かに兵を引き連れて陳倉へ向かい、険谷をよじ登り、夜を徹して行軍した。階州に到達すると、蜀将丁世珍〔一〕を破り、その城に勝利した。蜀人は白竜江に架かる橋を切断した。傅友徳は橋を修築して渡河し、五里関を破り、遂に文州を突破した。白水江を渡り、綿州へ向かった。時に漢江が増水し、渡河する事が出来ず、木を伐採して軍船を建造した。自軍の威勢を瞿塘関まで波及させようと考え、木を削って数千個もの牌を作り、階州・文州・綿州に勝利した月日を記し、漢水へ投げ込んで流れに任せた。蜀の守兵がこれを目にすると、みな瓦解した。
 当初、蜀人が大軍の西征を耳にすると、丞相戴寿らは果たして全軍で瞿塘関を守らせた。傅友徳が階州・文州を破り、江油を突いた事が伝わると、初めて兵を分けて漢州に増援し、成都路を守ろうとした。その到着以前に、既に傅友徳は守将向大亨を城下に破り、将兵に対して言った。「援軍が到来したとしても、向大亨の敗北を知れば、士気を喪失し、何も出来ぬであろう。」こうして援軍を迎え撃ち、これを大いに打ち破った。遂に漢州を突破し、進撃して成都路を包囲した。戴寿らは象を戦闘に用いた。傅友徳はこれを強弩と火器で掃射するよう下令し、身体に流れ矢が当たっても後退せず、将兵は決死の覚悟で戦った。象は反対方向へ走り、踏み付けられて死ぬ者が大勢現れた。戴寿らは既に主君明昇が降伏した事を知ると、備蓄の目録を携え、手を縛って軍門を訪れた。こうして成都路は平定された。兵を分けて未だに降伏しない州邑を従え、保寧府に勝利し、呉友仁を捕らえて京師へ送致し、蜀の地の悉くが平定された。傅友徳の漢州攻撃に際して、猶も湯和は軍を大渓口に留めていた。水流によって木牌を得た事で、漸く軍を前進させた。戴寿らはその精兵を撤収して西に漢州を救援し、老弱兵を留めて瞿塘関を守らせたので、廖永忠らは勝勢に乗じて重慶路を突き、明昇を降伏させたのであった。そこで太祖は『平西蜀文』を作り、傅友徳の功績を第一と賞賛し、廖永忠をこれに次ぐものとした。軍が帰還すると、最上の褒賞を賜った。
 (洪武)五年に征西将軍馮勝を補佐して沙漠に遠征し、西涼州に於いて失剌罕(シラガン)を破り、永昌路に到達し、太尉朶児只巴(トルチパン)を破り、馬・牛・羊十数万頭を獲得した。甘粛を攻略し、平章政事不花(ブカ)を射殺し、太尉鎖納児(ソナル)らを降伏させた。瓜沙州に到達し、金銀印及び雑畜二万頭を獲得して帰還した。この時、遠征軍は三路に分かれて出撃したものの、傅友徳だけが全勝を収めた。主将馮勝が些細な法を犯した為、論功行賞は行われなかった。翌年に再び雁門関を出撃し、先鋒となり、平章政事鄧孛羅帖木児(鄧ボロトテムル)を捕らえた。帰還して北平府を鎮守し、五つの献策を行った。全て採用された。召還されると、太子(朱標)に従って荊山に於いて武芸を講義し、食禄千石を加増された。(洪武)九年に延安路に於いて伯顔帖木児(バヤンテムル)を撃破して捕らえ、その軍を降伏させた。洪武帝は雲南遠征を企図し、傅友徳に命じて川・蜀・雅・播の地の境界を巡らせ、城郭を修築し、関と橋を修繕し、軍の威勢によって金筑長官司・普定路の諸山寨を降伏させた。
 (洪武)十四年に大将軍(徐達)を補佐して塞外へ出撃し、乃児不花(ナイルブカ)を討伐し、北黄河を渡り、灰山を襲撃し、大勢を捕殺した。その年の秋に征南将軍に充てられ、左副将軍藍玉・右副将軍沐英を従え、歩騎三十万を率いて雲南へ遠征した。湖広に到達すると、都督胡海らの兵五万を分遣して永寧県より烏撒へ向かわせる一方、自らは大軍を率いて辰州・沅州より貴州へ向かった。普定路・普安路に勝利し、諸苗族を降伏させた。曲靖路へ進攻し、白石江の大戦によって、元朝の平章政事達里麻(タリマ)を捕らえた。遂に烏撒を攻撃し、格孤山を従えて南進し、永寧県の兵を通し、両将軍を派遣して雲南へ向かわせた。元朝の梁王は落ち延びた先で死んだ。傅友徳は烏撒に築城し、蛮族が来襲すると、奮戦してこれを撃退し、七星関を確保して畢節と連絡した。また可渡河に勝利し、東川・烏蒙・芒部の諸蛮族を降伏させた。再び烏撒の諸蛮族が叛くと、これを討伐し、斬首三万を数え、牛馬十数万頭を獲得し、水西の諸部族は全て降伏した。(洪武)十七年に功績を評価されて潁国公に進封され、食禄三千石とされ、世券を与えられた。
 (洪武)十九年に軍を率いて雲南の蛮族を討伐した。(洪武)二十年に大将軍馮勝を補佐して、金山の納哈出(ナガチュ)を征伐した。(洪武)二十一年、東川の蛮族が叛くと、再び征南将軍となり、軍を率いてこれを討伐した。兵を移して越州の叛旗を翻した酋長阿資を討伐し、翌年に普安州に於いてこれを破った。(洪武)二十三年に晋王(朱棡)・燕王(朱棣)の沙漠遠征に従い、乃児不花を捕らえ、帰還して開平衛に駐留し、また寧夏に遠征した。翌年に征虜将軍となり、北平府を警備した。また燕王に従って哈者舎利(ハジェシャリ)を征伐し、元朝の遼王を追撃した。軍が殆ど行軍に移っていた時、急遽撤収を指示した。敵の備えが無い事が判明したので、密かに軍を侵入させて黒嶺に到達し、大いに敵軍を打ち破って帰還した。再び出向いて、山西・陝西に練兵し、屯田業務を総括した。太子太師を加官され、次いで郷里に送り届けられた。
 傅友徳は言葉が不自由ではあったが勇猛果敢であり、何度も死の淵に立たされた。一軍の将より大将に至り、戦えば必ず兵卒の先頭に立った。負傷しても更に奮戦したことで、あらゆる戦場で功績を挙げたので、しばしば洪武帝は勅を賜って労を賞賛した。子の傅忠は、寿春公主を娶り、娘は晋王の世子朱済熺の妃となった。
 (洪武)二十五年、傅友徳は懐遠県の田地千畝を求めた。洪武帝は不機嫌そうに言った。「食禄は少なくなかろうに、民の利益を損なおうとするとは何事か?汝は公儀休の故事(※1)を知らんのか?」次いで宋国公馮勝を補佐して山西を巡り、大同・東勝に屯田を開き、十六ヶ所に衛を設置した。この年の冬に再び山西・河南に練兵した。翌年、両名とも召還された。またその翌年に死を賜った。公主を一族に迎えていた事から、その孫にあたる傅彦名を選定して金吾衛千戸とした。弘治年間の事、傅友徳の五世孫たる晋王朱瑛が六王の例を援用して封爵を求めた。礼部に下して討議した結果、認められなかった。嘉靖元年、雲南巡撫都御史何孟春が傅友徳を祀る廟堂の建立を求めた。詔によって認可され、「報功」の二文字が記された。

【注釈】
(※1)公儀休の故事、『史記』巻百十九、循吏列伝第五十九に「禄を食む者は下民と利益を争わせず、収入の大きい者は収入の小さい者を搾取させなかった。」とある。

【校勘記】
〔一〕丁世珍、本書巻二、太祖本紀・巻百二十三、明玉珍伝は何れも「丁世貞」としている。
[PR]
by su_shan | 2016-09-14 12:30 | 『明史』列伝第十七