元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

廖永忠

『明史』巻一百二十九、列伝第十七

 廖永忠、巣県の人、楚国公廖永安の弟である。廖永安に従い巣湖に於いて太祖(朱元璋)を迎えた時、最も年少であった。太祖は言った。「汝もまた富貴を望むか?」廖永忠は答えた。「明主に仕える事が出来たのであれば、戦乱を鎮め、功名を竹帛に垂る(※1)、それだけが望みです。」太祖は喜んだ。廖永安を補佐して水軍を率いて長江を渡り、采石・太平路を突破し、陳野先(陳エセン)を捕らえ、蛮子海牙(マンジハイヤ)及び陳兆先を破り、集慶路を平定し、鎮江路・常州路・池州路に勝利し、江陰州の海賊を討伐し、それら全てに功績を挙げた。
 廖永安が呉(張士誠)に捕らえられると、廖永忠が兄の職務を引き継ぎ、江南行枢密院僉事となり、その軍を総括した。趙普勝の水上陣地を攻撃し、池州府を奪還した。陳友諒が竜湾に侵攻すると、威勢を上げて敵陣へ突入し、諸軍がそれに続いて、大いにこれを打ち破った。陳友諒征伐に従軍し、安慶路に到達すると、その水寨を破り、遂に安慶路に勝利した。続いて江州路を攻撃したが、州城は長江に接し、防御は非常に堅牢であった。廖永忠は城壁の高さを考慮して、船尾に橋を作り、これを天橋と名付けて、船を風に乗せて倒し、城壁に橋を渡して、遂にこれに勝利した。江南行中書省右丞に昇進した。
 続いて南昌を陥落させ、安豊路を救援し、鄱陽湖に戦い、包囲の中決死の覚悟で奮戦した。敵将張定辺が太祖の旗艦を直撃したが、常遇春が射抜いてこれを敗走させた。廖永忠は飛舸に乗って追撃し更に矢を射かけ、張定辺は百本以上の矢を受け、漢(陳友諒)兵の多くが死傷した。翌日、また兪通海らと共に七隻の船に枯草を積み、風上より火を放ち、敵の楼船数百隻を焼き払った。また六隻を用いて突入して肉薄し、再び一周して離脱して行ったので、敵は驚いて神だと騒ぎ立てた。またこれを涇江口に邀撃し、陳友諒は敗死した。続いて陳理を征伐した時は、兵を分けて四つの門に布陣し、長江に船を連ねて長大な陣営を築き、その出入りを遮断したので、陳理は降伏した。京師に帰還すると、太祖は漆の木牌に「功超郡将智邁雄師」の八字を記して下賜し、門に懸ける事を許した。徐達に従って淮東攻略に取り掛かると、張士誠は水軍を派遣して海安に迫ったので、太祖は廖永忠に下令して兵を水寨へ戻してこれを防がせ、遂に徐達は淮東諸郡に勝利した。続いて張士誠を討伐し、徳清県を奪取し、進撃して平江路に勝利し、中書省平章政事を拝命した。
 次いで征南副将軍に充てられ、水軍を率いて海路より湯和と合流し、方国珍を討伐して降伏させ、福州路へ進撃して勝利した。洪武元年に詹事院同知を兼任した。閩(福建)中諸郡を攻略し、延平路に到達すると、陳友定を破って捕らえた。次いで征南将軍を拝命し、朱亮祖を副将として、海路より広東へ侵攻した。廖永忠はまず書状によって元朝の左丞何真を説得し、分かり易く利害を説明した。何真は表を奉じて投降を申し出た。東莞に到達すると、何真は属官を率いて出迎えた。広州に到達すると、盧左丞を降伏させた。海賊邵宗愚を捕らえ、その数々の暴虐を咎めてこれを斬殺した。広東の人々は非常に喜んだ。九真・日南・朱厓・儋耳の三十余りの城を説得して回ると、みな印章を返納して官吏の派遣を求めた。広西へ進攻し、梧州に到達すると、元朝の達魯花赤(ダルガチ)拝住(バイジュ)を降伏させ、潯州路・柳州路は何れも降伏した。朱亮祖を派遣して楊璟と合流させ、未だに帰順しない州郡を収めた。廖永忠は兵を引き連れて南寧路に勝利し、象州を降伏させた。こうして両広の地の悉くが平定された。廖永忠は慰撫が巧みであり、民衆はその恩恵を慕い、その為に祠を建立した程である。翌年九月に京師に召還され、洪武帝(朱元璋)は太子(朱標)に命じて百官を率いて竜江に出迎えさせた。入朝して接見を終えると、太子に命じて邸宅へ送り届けさせた。再び出向くと、泉州府・漳州府を慰撫した。(洪武)三年に大将軍徐達に従って北征し、察罕脳児(チャガンノール)に勝利した。帰還すると、徳慶侯に封じられ、食禄千五百石とされ、世券を与えられた。
 翌年、征西副将軍として湯和に従い水軍を率いて蜀(明昇)を討伐した。湯和は大渓口に駐屯し、廖永忠が先発した。嘗ての夔府に差し掛かると、守将鄒興らの兵を破った。瞿塘関に侵攻すると、山岳は険しく水流は激しく、蜀人は鉄鎖橋を設けて、関口を封鎖し、船の前進を阻んでいた。廖永忠は数百人に干し飯と水筒を持たせて密かに送り込み、小舟を担いで山を越え関を渡り、その上流へ進出させた。蜀の山地には草木が多く茂っていたので、将兵に下令して全員に青い草葉で作った蓑を纏わせ、一人ずつ崖の縁を進ませた。到着する頃合いを見計らって、精鋭を率いて墨葉渡に進出し、夜中に鼓を五度打ち鳴らして、それぞれ両軍がその水陸寨に攻め寄せた。水軍は全ての船首を鉄板で裏打ちし、火器を設置して前進した。黎明になって、蜀人は初めて事態に気付き、全ての精鋭を繰り出して抗戦した。廖永忠はその陸寨〔一〕を破ると、たまたま将兵が船を担いで長江上に進出したので、一斉に動き出し、上下より攻め寄せて、大いにこれを打ち破り、鄒興は戦死した。こうして三つの橋を焼き払い、長江を横断していた鉄索を切断し、同僉蒋達ら八十数人を捕らえた。飛天張・鉄頭張らは遁走し、遂に夔府に入城した。翌日、漸く湯和が到着したので、湯和と経路を分けて進み、重慶府での合流を企図した。廖永忠は水軍を率いて重慶府を直撃し、銅鑼峡に差し掛かった。蜀の君主明昇は投降を申し出たものの、廖永忠は湯和が到着していない事を理由に拒絶した。しばらく待機していると湯和が現れたので、投降を受諾し、慰撫を引き受けた。掠奪を禁ずる布告を発した。ある兵卒が民の持っていた茄子七個を奪い取った事が発覚すると、これを斬首した。戴寿・向大亨らの家を慰安し、その子弟に書状を持たせて成都路を説得させた。戴寿らは既に傅友徳に敗退していたので、その書状を手にすると、遂に降伏した。こうして蜀の地の悉くが平定された。洪武帝は『平蜀文』を作ってその功績を称え、その文中に「傅一廖二」の言葉を入れる程、夥しい褒賞を下賜した。翌年に北征し、和林(カラコルム)に到達した。(洪武)六年に水軍を率いて海上に進出し、倭寇を捕らえ、次いで京師に帰還した。
 当初、韓林児が滁州に居た頃、太祖は廖永忠を派遣して応天府へ迎え入れようとしたが、瓜歩に差し掛かった所でその船が転覆して溺死したので、洪武帝は廖永忠を咎めた。大規模な功臣封爵を行った際に、諸将を諭して言った事がある。「廖永忠は鄱陽湖に戦った際、身の危険を顧みず敵を拒んだ、まさに奇男子と言うべきである。しかし子飼いの儒者を用いて朕の意を窺い、封爵を求めたので、侯に止めて公としなかったのだ。」楊憲が丞相となると、廖永忠と比較された。楊憲が誅殺されると、廖永忠はその功績によって免罪された。(洪武)八年三月に無断で竜鳳の紋様を用いるなど数々の不法が発覚して死を賜った時、五十三歳であった。
 子の廖権は(洪武)十三年に侯爵位を継ぎ、傅友徳に従って雲南に遠征し、畢節及び瀘州を鎮守し、召還された。(洪武)十七年に没した。子の廖鏞は跡を継ぐ事が出来なかったものの、嫡子であった事から散騎舎人となり、昇進を重ねて都督となった。建文年間に兵事に参画し、宮廷に宿営した。弟の廖銘と共に方孝儒に師事した。方孝儒が死ぬと、廖鏞・廖銘はその遺骸を収め、聚宝門外の山上に埋葬しようとした。ほぼ終えようとした時、事が露見し、死罪とされた。弟の廖鉞及び叔父の指揮僉事廖昇は何れも辺境に赴任した。
 当初、廖永忠らが太祖に帰順した際に、趙庸兄弟もまた共に帰順しており、後に過失によって公に封じられる事が出来なかった事も、廖永忠と同様である。

【注釈】
(※1)功名を竹帛に垂る、史書に名を留める事。『後漢書』巻十六、列伝第六、鄧禹伝に「願わくは明公の威徳が四海を覆い、私めが僅かながらでも貢献して、竹帛に功名を垂るだけです。」とある。

【校勘記】
〔一〕陸寨、元は「六寨」であった。上記の廖永忠が「それぞれ両軍がその水陸寨に攻め寄せた」、と陸寨を破るが対応する事と、陸の字は六の発音と近い事から誤りである。『国朝献徴録』巻八、徳慶侯廖永忠伝は正しく「陸寨」としており、これに基づいて改めた。
[PR]
by su_shan | 2016-09-15 13:32 | 『明史』列伝第十七