元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

方国珍

『明史』巻一百二十三、列伝第十一

 方国珍、黄巌州の人。長身で顔が黒く、身体は白く瓢箪の様で、体力は馬を走って追い掛ける程であった。代々塩を売り海運を生業としていた。元朝の至正八年、蔡乱頭という人物が居て、海上で掠奪を働いたので、官憲は兵を発してこれを捕らえた。ある仇敵が方国珍は賊に通じていると密告した。方国珍は仇敵を殺害し、遂に兄の方国璋・弟の方国英・方国珉と共に海上へ逃れ、数千人の群衆を集め、荷船を襲撃して、海路を脅かした。行中書省参知政事朶児只班(トルチパン)がこれを討伐したが、敗北して捕らえられた結果、朝廷への官位要求を強要され、定海県尉を授けた。次いで再び叛くと、温州路を荒らした。元朝は孛羅帖木児(ボロトテムル)を行中書省左丞として、兵を率いて討伐させたが、またしても敗れ、捕らえられた。そこで大司農達識帖睦邇(タッシテムル)を派遣して説得し、これを投降させた。汝州・潁州で叛乱が起きると、元朝は水軍を集めて長江を守らせた。方国珍は恐れを抱き、再び叛いた。台州路達魯花赤(ダルガチ)泰不華(泰ブカ)を誘い出して殺害し、海上へ逃れた。手下を京師に潜入させ、権力者に贈賄した結果、投降を許され、徽州路治中を授かった。方国珍は朝命を聞かず、台州路を陥落させ、蘇州の太倉を焼き払った。元朝は海道漕運万戸の地位を提示して再びこれを招聘したので、受け入れた。次いで行中書省参知政事に進み、一軍を率いて張士誠攻撃に従事した。張士誠は部将を派遣してこれを崑山に防いだ。方国珍は七度戦い七度勝利した。張士誠もまた降伏したので、撤兵した。
 これより以前、天下は長らく平穏であった事から、方国珍兄弟が海上を荒らし始めても、官憲は出兵を嫌い、只々招聘に固執した。唯一、都事劉基は方国珍が逆賊の筆頭であり、降伏する度に叛く事から、決して許してはならないとした。朝議の結果、採用されなかった。方国珍は官位を授かった後、慶元路・温州路・台州路の地を領有した事で、更に強大な勢力となって制御出来なくなった。方国珍の挙兵当初は、元朝は実体の無い詔勅を数十本も乱発して人を集め、賊を討伐しようとした。沿海地方の壮士の多くが募集に応じて功績を挙げた。官憲は莫大な賄賂を求め、応じないと、一家数人を無実の罪で処刑された挙句に官位を得られない者まで現れた。一方で方国珍の輩は、一度でも招聘に応じれば、その度に高位に昇った。その為に民衆の人気を集めて盗賊になる者が続出し、方国珍に従う者は大きく増加した。元朝が江・淮の地の実権を喪失すると、方国珍の船団に基づいて海運の開通を目論み、更なる官爵を用いてこれを繫ぎ留めようとし、それが無ければ困難な状況にあった。張子善という人物が居て、策略を好み、方国珍に対して軍を用いて長江を遡上して江東を窺い、北は青州・徐州・遼海の攻略を力説した。方国珍は言った。「我が志はそれには及ばぬ。」これに謝礼して退去させた。
 太祖(朱元璋)が婺州路を奪取すると、主簿蔡元剛を使者として慶元路へ派遣した。方国珍は一計を案じて部下に言った。「江左の奴の号令は厳正公明で、恐らく抗し得ぬであろう。ましてや我が敵手は、西に呉(張士誠)があって、南に閩(陳友定)がある。もし一時的にでも恭順の意を示さねば、それに託けて茶々を入れられ、不味い事になるであろうよ。」一同はその通りだと思った。こうして遣使して書状を奉じ、黄金五十觔、白金百觔、文綺百匹を進呈した。太祖もまた鎮撫孫養浩を派遣してこれに報いた。方国珍は温州路・台州路・慶元路の三郡を献じ、更に次男方関を人質として送り込んだ。太祖はその人質を受け取らず、手厚く物品を下賜してこれを送り返し、また博士夏煜を向かわせ、方国珍に福建行中書省平章政事、弟の方国英に参知政事、方国珉に枢密分院僉事を授けた。方国珍の三郡献上は上辺だけで、実際には密かに二心を抱いていた。夏煜が到着しても、偽って病気と称して、自身は高齢で職務に耐えないので、ただ平章政事の印章だけを受け取りたいと言った。太祖はその事情を察し、書状を送って諭した。「我は初め、汝が時機を弁えた豪傑だと思ったからこそ、汝に一地方を委ねたのだ。汝の内心は量り難く、我が方の虚実を見極めようとして実子を遣わし、我が官爵を退けようとして老病と称した。そもそも智者とは敗北を転じて成功し、賢者とは災禍から幸福を生むものである、汝はよくよくこれを考えよ。」この当時、方国珍は毎年の様に海船を運行し、元朝の為に張士誠の粟十万石余りを京師へ輸送し、元朝は方国珍を江浙行中書省左丞相・衢国公に昇進させ、慶元路に中書分省を開設した。方国珍はこれを従来通りに受け取ったので、特に甘言を用いて太祖に阿り、元朝に従属する意志は全く無いと釈明した。先の書状が届いても、遂に省みる事は無かった。太祖はまた書状を用いて諭した。「福徳は至誠の心に基づき、災禍は反覆の意志から生まれるもの、隗囂・公孫術の前例を鑑みるが良い。一度でも大軍が動き出せば、虚言を弄した所で押し止める事など叶わぬぞ。」方国珍は困窮した振りをして、また明らかに恐懼して謝罪し、財宝や飾り鞍や馬を献上した。太祖は再びこれを退けた。
 そのうち苗軍の将帥蒋英らが叛くと、胡大海を殺害し、その首を持って方国珍の下へ逃げ込んで来たが、方国珍は受け取らなかったので、台州路から福建へ向かおうとした。方国璋は台州路を鎮守しており、これを迎撃したが、敗北して殺害されたので、太祖は使者を派遣して弔祭した。翌年、温州路出身の周宗道が平陽州を以て帰順した。方国珍の甥の方明善は温州路を鎮守していたので、兵が衝突した。参軍胡深がこれを迎え撃って破り、遂に瑞安州を陥落させ、兵を温州路に進めた。方国珍は恐れ、毎年白金三万両を軍に供給する事を申し出たが、杭州路の陥落まで待たされ、漸く領土を差し出して帰順した。太祖は詔を下して胡深を撤退させた。
 呉元年に杭州路に勝利した。方国珍は思いの侭に地方に割拠し、間諜を送り込んで貢献度合いを標榜して勝敗の行方を窺い、またしばしば拡廓帖木児(ココテムル)及び陳友定と好を通じ、掎角の関係を企図した。太祖はこれを聞いて激怒し、書状を送り付けてその十二の罪状を咎め、また軍糧として二十万石を課した。方国珍は一同を集めて討議した所、郎中張本仁〔一〕・左丞劉庸らはみな従うべきでは無いと言った。丘楠という人物が居て、ただ独り反論した。「彼らの言う事はどれも貴公の為になりませんぞ。そもそも、智略があれば物事を決する事ができ、信義があれば国家を守る事ができ、名分があれば兵を用いる事ができるというものです。公は浙東を経略すること十数年になりますが、長らく逡巡されていたので、もはや策を定めるには遅く、これでは智略があるとは申せません。既に許しを得て投降しておきながら、再び反覆しているので、これでは信義があるとは申せません。彼らは征討の軍を発するに際して、大義を用いておりますが、我々のそれは確実に彼らに劣っているので、これでは名分があるとは申せません。幸いにも平伏して助命を乞えば、願わくは銭俶の故事に倣う事ができるでしょう。」方国珍は聞き入れず、連日連夜珍宝を運搬し、船舶を掻き集め、出航する計画を立てた。
 九月〔二〕、太祖は平江路を破ると、参知政事朱亮祖に命じて台州路を攻撃させ、方国英は迎え撃ったが敗走を余儀なくされた。進撃して温州路に勝利した。征南将軍湯和〔三〕は大軍を率いて長駆して慶元路へ到達した。方国珍は所部を率いて海上へ逃れた。追撃してこれを盤嶼の戦いで破ると、その部将は相次いで投降した。湯和はしばしば人を送って順逆の道理を説得したので、方国珍は子の方関を派遣して表を奉じて降伏を申し出た。「臣の聞く所では、天の覆わない所は無く、地に載らない所は無いと申します。王者は天を礼賛して地に法令を布き、人々に受け入れさせない所は無いとも申します。臣は長らく主上の福徳を享受しておりましたので、自ら天地を断つ覚悟に欠けておりますが、畏れ多くも愚衷を申し上げます。臣は元より凡才の身でございまして、数々の事情の為に、海島より身を起こしましたが、父兄らの力添えがあった訳でも無く、また自らを帝位に上す意図があった訳でもございません。正に主上が雷光さながらに婺州路に到達なさいました時、臣は愚かにも子を遣わして入朝させましたので、元より既に主上の今日の有様を承知しておりましたが、日月の末光に縋り、雨露の余潤を望もうとしておりました。ところが主上は公正無私であらせられ、郷郡を守らせた事は、呉越の故事の様でございます。臣は条約を遵奉し、妄りに節目を生じる様な事は致しませんでした。ただ一族は気が緩み、密かに紛争の火種を撒いた事で、ご苦労にも問責の軍を起こされましたので、私の心中は戦々恐々として、守兵に出迎えさせたのであります。ところが、どうにも海に浮かんでおりますのは、何とした事でございましょうか。親に孝行する子供であっても、易しい罰であれば受け入れますが、厳しい罰であれば逃げるものでございまして、臣の事情は大体がこの様なものでございます。面縛して朝廷に罪を請いたいとは存じますが、さすがに斧鉞による誅殺は恐ろしゅうございます。天下後世に対して臣の得たる罪の深さを知らしめなければ、主上が臣を容れる事ができなかったとされますでしょうが、それではなんとも天地の大徳に繋がらぬ話ではありますまいか。」恐らくこの文章は幕下の士であった詹鼎の作であろう。
 太祖は一読するとこれを憐れみ、書状を与えて言った。「汝は我が告諭に背き、手を拱いて帰順せず、更に海上へ逃れたが、享受した恩徳は実に多かろう。今や困窮鬱屈し、悲哀の情が言葉に滲み出ておったので、我は汝の誠意は誠意としながらも、先の過ちは過ちとしないので、この上は猜疑しない様にせよ。」こうして方国珍の入朝を促したが、対面すると咎めて言った。「汝の到来は、遅過ぎるという事は無かったのう。」方国珍は頓首して謝罪した。広西行中書省左丞〔四〕を授かったが、食禄のみ支給されて任地に赴く事は無かった。数年後、京師で没した。
 子の方礼は広洋衛指揮僉事に累官し、方関は虎賁衛千戸所鎮撫となり、方関の弟の方行は、字を明敏と言い、詩文に巧みで、嘗て承旨の宋濂がこれを称賛したものである。
 
 劉仁本、字を徳元、方国珍と同県の人である。元朝末期に進士乙科に及第し、浙江行中書省郎中に歴任し、張本仁と共に方国珍の幕下に加わった。しばしば名士の趙俶・謝里・朱右らを伴って詩を作り、時に称賛を受けた。方国珍は海運によって元朝に物資を輸送していたが、実際の事務は劉仁本〔五〕が指揮していたものである。朱亮祖が温州路を陥落させると、劉仁本は捕縛された。太祖はその罪を責め、鞭打ったところ背中が潰爛して死んだ。その他の属官で方国珍に従って降伏した者はみな滁州に移住させられたが、ただ丘楠だけは許され、韶州知府となった。
 詹鼎という人物は、寧海県の人で、学識に優れていた。方国珍の府都事となり、上虞県の判官を担当し、その統治には声望があった。京師に到着したものの、登用されなかったので、封事に万言を書き記し、洪武帝の車列を待ち受けてこれを献上した。洪武帝は馬を止めて目を通すと、丞相に命じて官位を与えようとした。楊憲はその才能を妬み、これを妨害した。楊憲が粛清されると、留守司経歴に除せられ、刑部郎中に遷ったが、ある事案に連座して処刑された。

【校勘記】
〔一〕張本仁、元は「張仁本」としているが、後の「劉仁本」と混同して錯誤したのであろう。同巻下文及び『明史稿』伝九、方国珍伝・『太祖実録』巻八十八、洪武七年三月壬辰条に基づき改めた。
〔二〕九月、元は「九月」の上に「二十七年」の四文字があった。前文には既に「呉元年」とあり、至正二十七年とは呉元年である。従って削除した。
〔三〕征南将軍湯和、征南は元は「平南」としており、本書巻一、太祖紀・巻百二十六、湯和伝及び『太祖実録』巻二十一、呉元年十月癸丑条に基づき改めた。
〔四〕広西行中書省左丞、元は「西」の前に「州」の字があった。本書巻四十五、地理志・『太祖実録』巻八十八、洪武七年三月壬辰条はいずれも「州」の字が無く、従って削除した。
〔五〕劉仁本、本稿で二度現れる「仁本」は何れも元は誤って「本仁」としているが、前文の「張本仁」と混同して錯誤したのであろうから、今ここに改めた。
[PR]
by su_shan | 2016-12-13 18:44 | 『明史』列伝第十一