元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

王弼

『明史』巻一百三十二、列伝第二十

 王弼、その先祖は定遠県の人であったが、後に臨淮県に移り住んだ。王弼は双刀の扱いに長じており、双刀王と号していた。当初は郷里を結束し、三台山に篭って柵を築き、自らを守った。翌年、所部を率いて帰順した。太祖(朱元璋)はその才能を知り、宿衛に留め置いた。湖州路の戦いで張士誠を破り、池州路の石埭県を奪取し、婺源州を攻略し、守将鉄木児不花(テムルブカ)を斬殺してその城を突破し、甲冑三千領を鹵獲した。元帥に抜擢された。蘭渓州・金華県・諸曁州を陥落させ、池州路を救援し、太平府を奪還し、竜興路・吉安路を陥落させた。鄱陽湖の大戦では、涇江口で陳友諒を迎え撃った。武昌路平定に従軍し、帰還すると廬州路に勝利し、安豊路を突破し、襄陽路・安陸府を破った。淮東地方を奪取し、旧館の戦いに勝利し、張士誠の部将の朱暹を降伏させ、遂に湖州路を奪取した。驍騎右衛親軍指揮使に異動した。
 進撃して平江路を包囲すると、王弼は盤門に布陣した。張士誠は自ら精鋭を率いて包囲の突破を図り、西門から出撃して接戦を挑み、常遇春軍を後退させようとした。常遇春は兵を北濠に分けてその背後を遮断し、これとは別に兵を送って交戦した。張士誠軍は死に物狂いで奮闘したので、常遇春は王弼の肘を打って言った。「軍中では汝を猛将と称えておるが、我の為にやってくれぬか。」王弼は答えた。「良いでしょう。」すると王弼は馬を走らせて双刀を振るい、敵はやや後退した。常遇春は軍を率いて隙に乗じたので、呉(張士誠)軍は大敗を喫し、沙盆潭に追い詰められて溺死した兵馬は非常に多かった。張士誠の馬も脚を踏み外して落水し、僅かながらも救う事は出来なかったので、肩輿に乗って入城し、それ以降は二度と出撃しようとはしなかった。呉地方が平定されると、王弼は非常に手厚い褒賞を賜った。
 大軍の中原制圧に従い、山東地方を陥落させ、黄河の南北を攻略し、遂に元朝の首都を奪取した。山西地方に勝利し、拡廓帖木児(ココテムル)を敗走させた。河中府より黄河を渡り、陝西地方に勝利し、察罕脳児(チャガンノール)に進撃し、軍を帰還させた。洪武三年に大都督府僉事を授かり、指揮使の世襲を許された。(洪武)十一年に西平侯沐英の西番(チベット)遠征を補佐し、朶甘(ダカン)諸酋及び洮州十八氏族を降伏させ、非常に多くの敵兵を捕殺した。論功行賞により、定遠侯に封じられ、食禄二千石とされた。(洪武)十四年に傅友徳の雲南遠征に従軍し、大理に到達すると、土酋段世が竜尾関に立て籠もっていた。王弼は兵を洱水より上関へ向かわせ、沐英の兵と共にこれを挟撃し、その城を突破し、段世を捕らえ、鶴慶路・麗江路の諸郡は相次いで平定された。五百石を加増され、世券を与えられた。
 (洪武)二十年、副将軍として馮勝の北伐に従軍し、納哈出(ナガチュ)を降伏させた。翌年、再び副将軍として藍玉の塞外遠征に従軍した。奥地まで進撃するも敵を発見出来なかったので、藍玉は撤兵を考えた。王弼は反対し、藍玉はそれに従った。更に進撃して捕魚児海(ブユル湖)に到達すると、王弼は先鋒となって、敵の陣営を直撃し、元朝の後継者である脱古思帖木児(トグステムル)を敗走させ、その輜重の悉くを鹵獲したが、その経緯は藍玉伝に詳しい。(洪武)二十三年に詔を奉じて帰郷した。(洪武)二十五年には馮勝・傅友徳に従い、山西・河南地方で練兵を実施した。翌年、同時に召還され、前後して死を賜った。爵位は剥奪された。王弼には六人の子が有り、娘は楚王(朱楨)妃となっている。


[PR]
by su_shan | 2017-03-16 23:20 | 『明史』列伝第二十