元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

廖永安

『明史』巻一百三十三、列伝第二十一

 廖永安、字を彦敬、徳慶侯廖永忠の兄である。太祖(朱元璋)の挙兵当初、廖永安の兄弟は兪通海らと共に水軍を伴って巣湖県より到来し、帰順した。太祖は自ら出向いてその軍を接収し、遂に水軍を率いて元朝の中丞蛮子海牙(マンジハイヤ)を馬場河に攻めた。元軍を乗せた楼船は進退ままならず、一方で廖永安らは飛ぶ様に船を操って元軍に連戦連勝した事で、初めて長江渡河の計画を策定したのであった。しばらくして、江口を発した。廖永安は帆を揚げ、行き先を尋ねると、真っ直ぐ牛渚磯へ向かうよう命じられた。ちょうど北西の風が吹き、しばらくして河岸に到達した。太祖は盛んに兵卒を鼓舞して登らせると、采石鎮の守兵はみな潰走したので、勝勢に乗じて遂に太平路を奪取したのであった。管軍総管を授かった。水軍を率いて蛮子海牙の水上陣地を破り、陳兆先を捕らえ、集慶路へ入城した。建康翼統軍元帥に抜擢された。
 水軍を率いて鎮江路攻略に従軍し、常州路に勝利し、江南行枢密院同僉に抜擢された。また水軍を率いて常遇春と共に銅陵県より池州路へ向かい、呼応して攻撃し、その北門を破り、徐寿輝の守将を捕らえ、遂に池州路に勝利した。兪通海を伴って江陰州の石牌の守備を突破し、張士誠の守将欒瑞を降し、江南行枢密院同知に抜擢された。また水軍を率いて常熟州の福山港に於いて張士誠の兵を破り、再び通州の狼山に於いてこれを破り、その軍船を鹵獲して帰還した。徐達に従って宜興州を奪還すると、勝勢に乗じて太湖の深部に侵入した。呉(張士誠)将の呂珍と遭遇し、交戦したものの、後続が途絶え、船が座礁し、捕縛された。廖永安は水戦に長じ、各地で戦功を挙げた。張士誠はその才能と武勇を惜しみ、帰順させようとした。廖永安は応じず、獄に下された。太祖は廖永安の不屈を称え、江南行中書省平章政事を遥授し、楚国公に封じた。廖永安は捕縛されて約八年にして、遂に呉の地で死没した。呉が平定されると、遺体は返還され、太祖自ら出迎えて近郊に葬ったのであった。
 洪武六年、洪武帝(朱元璋)は天下が平定されたにも関わらず、廖永安及び兪通海・張徳勝・耿再成・胡大海・趙徳勝・桑世傑らの諸功臣はみな既に故人でありながら、尚も諡号を有していない事に配慮して、礼部に案件を下して議論させた。討議の結果は次の通りであった。「元朝の失政により、天下は沸き立ちました。英傑たる人物は、ある者は義軍を興し、ある者は一地方を保ち、入り乱れて帰する先を見失いました。真人は奮い立ち、思いがけずして現れ、竜が泳げば雲となり、虎が咆えれば風となるものでございます。楚国公臣永安らの如くは、みな熊羆の勇士、膂力の才人でありながら、堅陣を打ち破る事無く戦没、即ち危難に臨んで身を捧げた事は、義と忠の何れにも適い、名声は天地に輝いております。陛下は天下を統一なさいましたが、古くからの功労に報い、爵禄を子孫に及ぼし、春と秋に祀典を執り行い、諡を定める事は、礼に則ったものでございます。謹んで臣は諡法に基づいて検討致しました所、敵地に赴いて遭難した事により、臣永安は武閔と諡し、身を犠牲にして敵軍に勝利した事により、臣通海は忠烈と諡し、忠実にして戦功を挙げた事により、臣張徳勝は忠毅と諡し、敵軍に勝利して自軍を強化した事により、臣大海は武荘と諡し、領土を拡大し辺境を掃討するも、完遂に至らなかった事により、臣再成は武荘と諡し、敵軍を打ち破って阻止し、武勇に優れていた事により、臣趙徳勝は武桓と諡致します。臣世傑は永義侯に封じられておりますが、これは漢朝の世祖(劉秀)が寇恂・景丹を封じたものと同様でございますので、それを以て諡とすべきでございます。」詔を発して言った。「その通りとせよ。」(洪武)九年、全員に開国輔運推誠宣力武臣・光禄大夫・柱国を贈った。次いで、廖永安を鄖国公に改封した。子は無く、従弟の廖昇は指揮僉事の地位を授かった。


[PR]
by su_shan | 2017-03-24 00:18 | 『明史』列伝第二十一