元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

張徳勝 汪興祖

『明史』巻一百三十三、列伝第二十一

 張徳勝、字を仁輔、合肥県の人。才知に優れ、勇猛であった。兪通海らと共に水軍を率いて巣県より帰順した。長江渡河に従い、采石鎮・太平路に勝利した。陳野先(陳エセン)が来襲すると、湯和らと共に撃破してこれを捕らえ、太平興国翼元帥府総管を授かった。蛮子海牙(マンジハイヤ)の水上陣地を破り、陳兆先を捕らえた。集慶路を陥落させ、鎮江路に勝利し、秦淮翼元帥を授かった。常州路を奪取し、江南行枢密院判官に抜擢された。寧国路に勝利し、長槍兵を接収した。太湖を制圧し、馬蹟山を攻略した。宜興州を攻撃し、馬駄沙及び石牌寨を奪取した。江南行枢密院僉事に昇進した。趙普勝が池州路を陥落させると、張徳勝は救援に向かったが間に合わず、帰還して徐達に従い宜興州を突破した。再び趙普勝が青陽県・石埭県を掠奪した。張徳勝は柵江口に戦い、これを敗走させた。次いで、兪通海と共にその軍を打ち破り、遂に池州路を奪還した。兵を率いて無為州より浮山へ向かい、趙普勝の部将胡総管を敗走させ、これを追撃して青山の戦いで破り、更に追走して北方の潜山に到達した。陳友諒の部将郭泰が沙河で迎え撃ったが、打ち破ってこれを斬殺し、遂に潜山に勝利した。陳友諒が竜江に侵攻すると、張徳勝は水軍を率いて迎え撃ち、相当数を殺傷した。張徳勝は大声で威勢を上げ、麾下の諸将は奮戦した。陳友諒の軍は戦意を喪失すると、遂に大敗を喫した。諸将と共にこれを慈湖まで追撃し、その船団に火を放って焼き払った。采石鎮に到達すると、激戦を繰り広げ、戦没した。蔡国公に追封され、忠毅と諡され、功臣廟に肖像が置かれ、太廟に配列された。子の張宣は幼く、養子の汪興祖が職位を継承した。

 張興祖は巣県の人である。元の姓は汪氏であった。張徳勝の職位を継承し、安慶路攻略に従軍し、江州路に勝利し、蘄州路・黄州路を突破し、南昌を奪取した。安豊路救援に従軍し、張士誠の兵を打ち破った。鄱陽湖の戦いでは、廖永忠らと共に六艘の船で突入し、また涇江口で陳友諒を迎え撃ち、最大の功績を挙げ、湖広行中書省参知政事に抜擢された。武昌路の平定に従軍し、遂に廬州路に勝利し、各地を攻略して通州に到達した後に帰還した。大都督府都督僉事に昇進した。徐達に従って淮東地方を奪取し、浙西地方を陥落させた。大都督府都督同知に昇進した。大軍が北征すると、別働隊として衛軍を率いて徐州より沂州・青州・東平路に勝利し、勝勢に乗じて東阿県に到達し、元朝の参知政事陳璧及び所部五万人余りを降伏させた。孔子五十六世の衍聖公孔希学は曲阜知県孔希挙(※1)・鄒県主簿孟思諒らを引き連れ軍門へ赴いて接見すると、張興祖は彼らを礼遇した。兗東地方の州県はその噂を聞くとみな降伏し、遂に済寧路・済南路を奪取した。
 洪武元年、都督兼右率府使となり、楽安県攻撃に従軍し、汴梁路・河南府路・洛陽県に勝利し、帰還して済寧路を鎮守した。大将軍(徐達)と共に軍を徳州に集結させ、水軍を率いて大運河に沿って前進し、遂に元朝の首都に勝利した。周辺を巡って永平県を陥落させ、西進して大同路を奪取し、三衛の兵卒を率いて当地を鎮守した。再び元軍を破り、捕殺した敵兵は数え切れなかった。この頃、張徳勝の子の張宣が成人し、宣武衛指揮同知を命じられた。また張興祖も汪姓に戻した。(洪武)三年、進軍して武・朔二州に勝利し、元朝の枢密院同知馬広らを捕らえた。兵を率いて大同北口に到達し、元軍を打ち破り、拡廓帖木児(ココテムル)の弟金剛奴ら四百人余りを捕らえた。しばらくして、晋王(朱棡)府武傅を命じられ、山西行都督府都督僉事〔一〕を兼任した。(洪武)四年、前将軍傅友徳に従い兵を合流させて蜀(明昇)を討伐し、階州・文州に勝利し、勝勢に乗じて五里関に到達した所で、石弾が命中して戦没した。蜀が平定されると、都督汪興祖が朝命に殉じた事を布告し、その子を褒賞し、東勝侯に追封し、世券を与えたのであった。汪興祖の子は幼く、張宣と同居を命じられた。後に病没し、爵位は抹消された。

【注釈】
(※1)曲阜知県孔希挙、『太祖実録』巻二十八上、呉元年十二月丁未条には「曲阜県尹孔希章」とあり、『曲阜県志』巻二十七、通譜、癸卯二十三年条及び同書巻三十九、職官、知県、更に『孔子世家譜』初集巻二、五十六代に於いても同様に「孔希章」とされている。按ずるに「孔希挙」は誤りであろう。

【校勘記】
〔一〕僉事、『太祖実録』巻五十三、洪武三年六月庚辰条は「同知」としている。


[PR]
by su_shan | 2017-03-27 11:59 | 『明史』列伝第二十一