元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

趙徳勝 南昌康郎山両廟忠臣付

『明史』巻一百三十三、列伝第二十一

 趙徳勝、濠州の人。元朝の義兵長となり、馬槊に長じ、戦闘の度に先陣を切った。王忙哥の麾下に加わったものの、その敗北を見通していた。太祖(朱元璋)が滁陽を奪取すると、趙徳勝の母が軍中に居た為に、妻を残して帰順した。太祖は喜び、その名前を与え、帳前先鋒とした。従軍して鉄仏岡を奪取し、三汊河を攻撃し、張家寨を破り、全椒県・後河の諸砦に勝利した。六合県の救援中、流れ矢が命中し、生死の境を彷徨った。鶏籠山を討ち、烏江県を突き、和州・含山県を陥落させた。陳野先(陳エセン)の陣営を夜襲し、板門・鉄長官の二砦を突破し、遂に儀真を奪取した。総管府先鋒を授かった。長江渡河に従い、太平路を陥落させ、蕪湖県・句容県・溧水州・溧陽州に勝利し、その全てに功績を挙げた。常遇春に従って采石鎮の戦いで蛮子海牙(マンジハイヤ)を破り、方山の戦いで陳兆先の陣営を破り、集慶路を陥落させ、最大の功績を挙げた。徐達に従って鎮江路を奪取し、苗軍の水上陣地を破った。丹陽県・金壇県を陥落させ、寧国路を平定した。領軍先鋒に転出した。広徳路を奪取し、張士誠の水上陣地を破り、また常遇春に従って常州路を攻撃し、牛塘の包囲を解き、広徳路・寧国路を奪還した。江陰州を奪取し、常熟州を攻撃し、張士徳を捕らえた。湖州路攻撃に従軍した。宜興州が叛くと、兵を戻してこれを鎮圧した。中翼左副元帥に抜擢された。陳友諒が竜江に侵攻した。竜江の第一関門を虎口城と言い、太祖は趙徳勝に担当させた。陳友諒が現れると、奮戦した。伏兵が襲い掛かり、陳友諒は大敗を喫し、遂に太平府を奪還した。銅陵県の臨山寨を陥落させ、黄山橋及び馬駄沙を攻略し、高郵府の制圧に功績を挙げた。後翼統軍元帥に昇進した。
 太祖の西征に従軍し、安慶路の水上陣地を破り、風に乗って小孤山まで遡上した。九江から五里を隔てた地点になって、初めて陳友諒は気付き、慌てて遁走した。遂に九江に勝利し、黄梅県・広済県を巡り、瑞昌県・臨江路・吉安路に勝利し、帰還して安慶路を陥落させ、進撃して撫州路に勝利し、新淦州を奪取した。南昌の叛将を討ち、その城を奪還したが、砲撃によって肩を負傷した。江南行枢密院僉事を授かった。朱文正・鄧愈と共に南昌を鎮守した。池州府に於いて羅友賢を鎮圧し、西山の戦いで陳友諒の部将を破り、臨江路・吉安路・撫州路を奪還した。しばらくして、陳友諒は大挙して南昌を包囲すると、趙徳勝は麾下の数千を率いて城を背に迎え撃ち、その部将を射殺して敵軍を食い止めた。翌日も戦闘が行われ、城は幾重にも包囲された。陳友諒は自ら督戦し、夜を徹して攻勢を仕掛け、城壁の崩壊は目前に迫った。趙徳勝は諸将を率いて激戦を繰り広げ、戦闘と修繕を並行して進め、城壁の損壊を補填した。夕刻、城門の楼に腰掛けて兵卒を指揮していた時、弩が腰部に命中し、その矢尻は六寸も食い込んだ。これを抜き取りながら、諦めた様に言い放った。「吾は三十の頃から従軍し、矢石で何度も傷を負ったが、これ程の事は無かった。丈夫は死して恨まずと言うが、ただ中原を掃き清められなんだ事だけが恨めしい。」そう言い終えると、絶命した。三十九歳であった。梁国公に追封され、武桓と諡され、功臣廟に列祀され、太廟に配列された。
 趙徳勝は剛直にして勇猛果敢であり、部下の統制も厳粛であった。読書は好まなかったが、臨機応変に対応し、その行動は古法に適っていた。普段は修士の如く孝行に励んでいたものである。
 陳友諒の南昌包囲は八十五日間に及んだが、これに前後して、主だった戦死者は十四名を数えた。

 張子明は、領兵千戸である。洪都の包囲が長引き、内外は隔絶された為に、朱文正は張子明を応天府へ派遣して援軍を要請する事にした。東湖の小さな漁船に乗って水門から脱出すると、夜を徹して潜行し、半月を要して漸く到着した。太祖は陳友諒の軍勢について尋ねた。張子明は答えた。「確かに大軍ではございますが、戦闘による死者は少なくありません。現在、長江の水位は日に日に下がり、賊の巨艦は不利になりつつありますので、増派頂けるならば打ち破れましょうぞ。」太祖は張子明に言った。「戻って主帥に伝えよ。一ヶ月堅守せよと。吾自ら打開してくれる。」張子明は帰還途上の湖口に於いて陳友諒に捕らえられ、城内へ降伏を呼び掛けるよう強要されると、偽って承諾した。城下に赴くと、大声で叫んだ。「我は張大舎である。既に主上への謁見は叶い、諸公らは堅守せよと命ぜられた。援軍は到来するぞ。」賊は激怒し、槊で張子明を突き殺した。忠節侯に追封された。
 陳友諒が撫州路を攻撃した時、枢密院判官李継先は城壁上で戦死を遂げ、左翼元帥牛海竜は包囲の突破を図って戦没し、左副元帥趙国旺は兵を率いて軍船を焼き払ったものの、敵の追撃を受け、橋から身を投げて死に、百戸徐明は馬を走らせて賊を射殺したが、賊は徐明の武名を知っていたので、強引に攻め寄り、捕らわれて殺害され、兵卒の張徳山は夜半になって密かに城を抜け出し、賊の船を焼き払ったが、賊に発見されて殺害され、夏茂成は城楼を守っていた時に、砲弾が命中して死亡し、右翼元帥同知朱潜・統軍元帥許珪は何れも戦死した。蔣必勝が吉安路を陥落させると、参知政事劉斉・知府朱文華〔一〕は捕らえられたが、屈する事無く殺害された。祝宗・康泰が叛き、洪都府を陥落させると、知府葉琛と江西行中書省都事万思誠は抵抗したが、殺害された。後に、全員に対して差は有れど侯伯以下の爵位が贈られ、豫章に於いて忠臣廟が建立され、共に十四人が祀られたが、趙徳勝がその筆頭とされた。一方、康郎山の戦いでの主だった戦死者は三十五人を数え、丁普郎がその筆頭とされている。

 当初、丁普郎は陳友諒の部将であり、小孤山を鎮守していたが、傅友徳と共に帰順し、行枢密院同知を授けられ、何度も功績を挙げた。南昌救援に際して、鄱陽湖に戦い、辰の刻から午の刻までの間に、丁普郎は身に十ヶ所以上の傷を受け、頭部を切断されても直立を保ち、武器を手に戦う姿勢を崩さなかったので、敵は驚き、神の様だと言い合った。時に七月己丑の出来事である。済陽郡公を追贈された。張志雄もまた陳友諒の部将であり、元より勇敢で、長張と号していた。趙普勝に従って安慶路を鎮守した。陳友諒が趙普勝を殺害すると、張志雄はそれを恨んで帰順し、枢密院判官となった。この戦いで、張志雄の船は帆柱が折れて身動きが取れず、敵兵が突き殺そうとしたので、脱出は不可能と悟り、自らの手で首を刎ねた。元帥余昶・右元帥陳弼・徐公輔も同じ日に戦没した。この前日には、左副指揮韓成・元帥宋貴・陳兆先が戦没している。陳兆先は、陳野先の従弟であり、捕らえられた後、太祖がその兵を宿衛に充てると、その度量に感激し、死力を尽くして戦い、ここに至って戦死したのであった。韓成の子の韓観は都督に昇進しているが、別項に列伝が有る。四日後の辛卯、再び大規模な戦闘が発生し、副元帥昌文貴・左元帥李信・王勝・劉義が戦死した。八月壬戌には涇江口の戦いで敵軍を阻止し、同知元帥李志高・副使王咬住もまた戦死した。その他の副将で死亡した人物は、千戸姜潤・王鳳顕・石明・王徳・朱鼎・王清・常徳勝・袁華・陳沖・王喜仙・汪沢・丁宇・史徳勝・裴軫・王理・王仁、鎮撫常惟徳・鄭興・逯徳山・羅世栄・曹信である。凡そ公爵を贈られた者は一人、侯爵は十二人、伯爵は二人、子爵は十五人、男爵は六人であり、その肖像は康郎山の忠臣廟に置かれ、役人が毎年祭祀を執り行ったのである。
 また、程国勝という人物は徽州路の人である。義兵元帥として帰順し、楊完者(楊オルジェイ)を破り、功績を重ねて万戸に昇進し、南昌を鎮守した。牛海竜と共に陳友諒の陣営を夜襲した。牛海竜は流れ矢が命中して死亡したが、程国勝は泳いで脱出し、金陵に到達した。太祖に従って鄱陽湖に戦った。張定辺が太祖の旗艦を目掛けて直進した。程国勝は韓成・陳兆先と共に小船を走らせて左右から挟撃した。太祖の旗艦は離脱に成功したが、程国勝らは敵艦を取り囲んだ後、支援を断たれ奮戦するも戦死した。一方、南昌城内では程国勝は既に戦死したと思われていた為に、豫章・康郎山の両廟に祀られたのだと言われている。

【校勘記】
〔一〕朱文華、本書巻一、太祖紀・紅格本『太祖実録』巻十二、癸卯五月己巳条は共に「朱叔華」としている。


[PR]
by su_shan | 2017-03-28 13:36 | 『明史』列伝第二十一