元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

桑世傑 劉成

『明史』巻一百三十三、列伝第二十一

 桑世傑は無為州の人であり、同様に巣湖より帰順した。趙普勝は二心を抱き、桑世傑はその陰謀を暴いたので、趙普勝は逃げ去った。長江渡河に従い、水軍を率いて元朝の水軍を破った。秦淮翼元帥を授かった。鎮江路を陥落させ、金壇県・丹陽県を巡り、寧国路の長槍諸軍を攻撃し、水陽に勝利し、常州路を平定した。江南行枢密院判官となった。江陰州・宜興州を攻略した。
 当初、石牌寨の民人で朱定という人物が塩の密売に従事していたが、富豪の趙氏と揉め事を起こし、その不法を告発して趙氏を陥れ、江陰州判官を授かった事が有った。後にまた群盗を働いたので、元朝は兵を送って捕縛した。朱定は張士誠が高郵府を占拠した事を聞くと、張士誠を誘導して通州から長江を渡らせた。平江路を陥落させると、朱定は参知政事となり、元帥欒瑞を派遣して石牌寨を守らせた。大軍が江陰州を奪取しても、欒瑞は依然として石牌寨を保持し、水軍を往来させていた。太祖(朱元璋)は廖永安及び桑世傑に命じてこれを攻撃させ、桑世傑は激戦の中で戦死したが、欒瑞は降伏し、張氏が長江へ進出する為の経路は遮断された。太祖はその功績に配慮し、安遠大将軍・軽車都尉・永義侯を贈り、太廟に配列したのであった。
 子の桑敬は父の死によって都督僉事まで昇進した。洪武二十三年には徽先伯に封じられ、食禄千七百石とされ、世券を与えられた。翌年、徐輝祖らと共に辺境を防衛し、次いで平陽府での屯田を命じられたが、藍玉党に連座して処刑された。

 また劉成は霊璧県の人である。統兵総管として耿炳文に従って長興州を平定し、永興翼左副元帥となり、しばしば耿炳文を補佐して張士誠の兵を破った。李伯昇が十万の軍を率いて来襲した時、城内の兵は僅か七千人であった。太祖は兵を送って救援したが、それが到着するまでの間、耿炳文は城の防衛に徹した。劉成は数十騎を率いて西門から出撃し、李伯昇の兵を打ち破り、その部将宋元帥を捕らえ、東門へ転進した。敵は全軍を繰り出してこれを包囲し、劉成は戦死を遂げた。懐遠将軍を贈られ、長興州に廟堂が建立された。


[PR]
by su_shan | 2017-03-29 13:36 | 『明史』列伝第二十一