人気ブログランキング |

元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

茅成 楊国興

『明史』巻一百三十三、列伝第二十一

 茅成、定遠県の人。和州より従軍し、常遇春の麾下に加わり、太平路に勝利し、初めて万戸を授かった。常州路・寧国路平定に従軍し、総管に昇進した。衢州路に勝利し、副元帥を授かった。金華府を鎮守し、太平興国翼元帥へ異動した。従軍して安慶路に勝利し、安豊路を救援し、鄱陽湖に戦い、武昌路に勝利し、武徳衛千戸を授かった。次いで指揮副使に昇進した。贛州路・安陸府・襄陽路・泰州の奪取に際して功績を挙げた。徐達に従って平江路を攻撃すると、張士誠の軍船を焼き払い、長大な包囲陣を築いてこれを圧迫した。徐達が婁門を攻撃すると、張士誠も出撃し、茅成がこれを打ち破ったが、外郭へ突入した際に叉を受けて戦死した。東海郡公を贈られ、功臣廟に祀られた。

 同時に戦死した者に楊国興という人物が居り、同じく定遠県の人で、右翼元帥として宜興州を鎮守した。当初、常州路の陳保仁が民衆を集めて「黄包軍」を組織したが、降伏後に再び叛き、詹・李二将軍を誘い出して捕らえたので、楊国興がこれを捕らえて斬殺した。神武衛指揮使を授かった。平江路の戦いでは閶門を攻撃した際に戦死し、子の楊益が指揮使の地位を継承した。


by su_shan | 2017-03-29 13:37 | 『明史』列伝第二十一