元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

曹良臣 周顕 常栄 張耀

『明史』巻一百三十三、列伝第二十一

 曹良臣、安豊県の人。潁州で盗賊が発生すると、同郷の者を集めて堡塁を築き、自らを守った。応天府に於いて太祖(朱元璋)に帰順し、江淮行中書省参知政事となった。淮東地方攻略に従軍し、浙西地方を掌中に収め、江淮行中書省左丞に昇進した。大軍に従って元朝の首都を奪取し、各地を攻略して沢州・潞州に到達した。山西行中書省平章政事に昇進し、帰還して通州を鎮守した。当時は山西地方に大軍が出征していた為、通州の守備は手薄で、部隊は千人にも満たなかった。元朝の丞相也速(イェス)は一万騎を率いて白河に布陣した。曹良臣は言った。「我が軍は少なく、交戦すべきでは無い。ただ、敵軍は多勢と言えども、亡国の残余に過ぎず、士気は振るわぬ。計略を用いて敗走させるとしよう。」そこで密かに指揮使仵勇らを送り、河岸の船上に大量の赤色の幟を立て、それを三十里以上も連ねて、鉦鼓を打ち鳴らした。也速は驚いて遁走した。曹良臣は精鋭の騎兵を繰り出して北方へ百里余り追撃した為に、これ以降元軍は北平府を狙う事は無かったのであった。また大将軍徐達に従い定西州の戦いで拡廓帖木児(ココテムル)を撃退した。
 洪武三年に宣寧侯に封じられ、食禄九百石とされ、世券を与えられた。翌年、蜀(明昇)討伐に従軍し、帰州の山寨に勝利し、容美諸土司を制圧した。この頃、周徳興は茅岡の覃垕の砦を突破し、白塩山から先は森林を伐採して行軍路を開通させ、紙坊渓から夔州路へ向かい、進撃して重慶路に勝利した。翌年、副将軍李文忠に従って北征し、臚朐河(ケルレン河)に到達すると、その部落を接収した。李文忠は曹良臣を率いて二十日分の糧秣を携行し、急行して土剌河(トゥール河)に到達した。哈剌章(カラジャン)は河を渡って抗戦し、やや後退した。追撃して阿魯渾河(アルグン河)に到達した時、敵の騎兵が大挙集結した。将兵はみな激戦を繰り広げ、敵を敗走させたものの、曹良臣と指揮使周顕・常栄・張耀が戦死した。戦果が報告されると、曹良臣は安国公を贈られ、忠壮と諡され、功臣廟に配列された。子の曹泰が侯爵位を継承したが、藍玉党に連座して処刑された為に、爵位は剥奪された。

 周顕は合肥県の人である。長江渡河に従い、功績を重ねて官位は指揮同知に到達した。洪武三年、応昌路の紅羅山寨を掌中に収め、指揮使に異動した。常栄は開平王常遇春の再従弟であり、指揮僉事を歴任した。常遇春が軍中で没すると、常栄は遺体を警護して帰還した。朱亮祖に従って蜀を平定し、官位は振武衛指揮同知に到達した。張耀は寿州の人で、当初は陳野先(陳エセン)に従った。建康が陥落し、初めて帰順した。功績を重ねて守禦福建指揮使となり、興化府を鎮守した。上記の人物は皆ここに戦没したが、洪武帝(朱元璋)は彼らの家を手厚く保護し、役人に命じて其々の墓を造営させたのであった。


[PR]
by su_shan | 2017-03-30 16:29 | 『明史』列伝第二十一