元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

郭雲 王溥

『明史』巻一百三十四、列伝第二十二

 郭雲は南陽府の人である。身長は八尺余りで、魁偉な容貌であった。元朝末期に義兵を集めて裕州泉白寨〔一〕を守り、昇進を重ねて湖広行中書省平章政事となった。元主が北帰すると、河南の郡県は全て降伏したものの、郭雲だけは堅守していた。大将軍徐達が指揮使曹諒を派遣してこれを包囲すると、郭雲は出戦し、捕縛された。大将軍徐達は郭雲を叱咤して跪かせた。郭雲は立ち上がり、好き勝手に喚き散らして刑死を求めた。白刃で脅迫されても動揺しなかった。大将軍徐達はこれを勇ましく思い、拘束して京師へ押送した。太祖(朱元璋)はその容貌を奇として、郭雲を釈放した。当時、洪武帝(朱元璋)は『漢書』に目を通しており、文字は知っているかと尋ねると、郭雲は答えた。「知っております。」そこで郭雲に書物を授けた。郭雲はその書物を読み上げてよく学習した。洪武帝は非常に喜び、手厚く恩賞を与え、登用して溧水知県を命ずると、その行政手腕は評判を得た。洪武帝は郭雲を益々賢材であると考え、特別に南陽衛指揮僉事に抜擢し、郷里に戻して嘗ての部隊を召集させ、当地の鎮守に充当した。郭雲はその数年後に没した。
 長男の郭洪は十三歳であった。洪武帝は制を下して言った。「郭雲は田間より立身し、義旗を唱えて郷曲を保ち、皇朝の軍が北伐すると、人神はみな嚮応したが、ただ郭雲だけはしばしば交戦して屈せず、勢いは窮して援護は絶たれても、遂に志を曲げる事は無かった。朕はその節を称え、試しにこれを役所に就けたところ、民衆はその施政を喜び、故郷を鎮守させれば、軍民は安心して生業に励んだ。汗馬の勲は無いとは言うものの、倒戈の功、治績は顕著であって、その忠義は凛然としておる。子、郭洪は開国の功臣に列するべし、宣武将軍・飛熊衛親軍指揮使司指揮僉事を授け、世襲を許す。」同時期に降将として世職を与えられた者に王溥がある。

 王溥は安仁県の人である。陳友諒に仕えて平章政事となり、建昌路を鎮守した。太祖が将帥に命じてこれを攻撃させても、勝利出来なかった。朱亮祖が饒州路の安仁港を攻撃したものの、またもや劣勢を強いられた。陳友諒の部将である李明道の信州府侵攻に際して、王溥の弟である王漢二が軍中にあり、共に胡大海に捕縛され、行中書省の李文忠に帰順したので、李文忠は二人に命じて王溥を招聘した。この年、太祖は江州路を突破すると、陳友諒は武昌路へ敗走したので、王溥は遣使して降伏し、従来のまま建昌府の鎮守を命じられた。翌年、太祖が竜興路に到達すると、王溥はその軍を率いて謁見し、何度も慰労された。扈従して建康(応天府)に帰還すると、聚宝門の外に邸宅を賜わり、その街は「宰相街」と呼ばれ、特別に偏愛を受けた。次いで撫州路及び江西地方の帰属していない郡県を攻略する為に派遣された。従軍して武昌路に勝利すると、中書右丞に昇進した。洪武元年には詹事府副詹事兼任を命じられた。大将軍(徐達)に従って北征し、何度も戦功を挙げた。文幣を賜わり、河南行中書省平章政事に抜擢されたものの、業務は担当せず、李伯昇・潘元明同様に歳禄のみ支給された。
 当初、王溥の仕官以前の事、母の葉氏を連れて貴渓県に避難した際、兵乱に遭遇して母と逸れ、その後十八年間というもの、夢の中で母に所在を問い続けていた。その後、従容として洪武帝に事情を伝え、帰省して墳墓を捜索したいと願い出た。洪武帝はこれを許可すると、礼部の官に命じて祭物を用意させた。王溥は兵卒を率いて貴渓県へ向かったものの、手掛かりは得られず、昼夜を問わず号泣した。居民の呉海という人物が、夫人は賊が迫ると井戸に身を投げて死んだと言った。王溥は井戸を探り当てると、鼠が井戸から飛び出して、王溥の懐に飛び込み、また井戸の中へ帰って行った。井戸を汲んで捜索すると、果たして母の死体が発見され、王溥は哀哭して止まなかった。そうして棺に納めると、その地に埋葬したのであった。王溥が没すると、子孫は世襲指揮同知となった。

【校勘記】
〔一〕泉白寨、元は「白泉寨」であった。『太祖実録』巻九十、洪武七年六月是月条は「泉白寨」としている。『明一統志』巻三十に拠れば、南陽府には泉白山があり、裕州の北四十里に位置する。この箇所の白泉二字の入れ違いは今訂正する。


[PR]
by su_shan | 2017-06-12 22:08 | 『明史』列伝第二十二