元バンカー&現役デイトレーダーによる不定期更新。主に修論の副産物を投げつけていきます。

by すーさん

楽韶鳳

『明史』巻一百三十六、列伝第二十四

 楽韶鳳、字を舜儀、全椒県の人。博学で文章に巧みであった。和陽にて太祖(朱元璋)に謁見し、長江渡河に従い、軍務に参与した。洪武三年に起居注を授かり、何度か異動した。(洪武)六年に兵部尚書を拝命し、中書省・御史台・都督府と共に兵卒を教練する為の規則を制定した。侍講学士に改められると、承旨の任にあった詹同と共に先人を釈奠する楽章を正し、『大明日暦』を編集した。(洪武)七年、洪武帝(朱元璋)は祭祀から戻ると、楽舞の先導を応用して、楽韶鳳に命じて歌詞を選定させた。そこで楽韶鳳は『神降祥』『神貺恵』『酣酒』『色荒』『禽荒』といった諸曲を進呈し、凡そ三十九章を『回鑾楽歌』と呼んで、皆が戒めとした。礼部が『楽舞図』を制定して提出すると、太常寺に命じてこれを習得させた。
 翌年、洪武帝は旧韻が江東地方から離れると、その多くが正しい発音を失っているとして、楽韶鳳と廷臣に命じて中原雅音を参考に修正させた。書物が完成すると、『洪武正韻』と名付けられた。また陵寝朔望の祭祀及び登壇脱舃といった諸儀礼の検討を命じられると、故実を詳細に考察したので、何れも採用された。次いで病気を理由に罷免され、しばらくして国子監祭酒に起用された。詔を奉じて皇太子と諸王に書簡を往来させる考拠は精詳であり、しばしば褒賞の栄誉を賜わった。(洪武)十三年に引退して帰郷し、天寿を全うした。弟の楽暉・楽礼・楽毅は何れも名の知れた人物である。


[PR]
by su_shan | 2017-06-16 15:30 | 『明史』列伝第二十四